banner

未分類

みんなで海外FXは 13の仮想通貨取引所を掲載しています

みんなで海外FXは 13の仮想通貨取引所を掲載しています

そこでさらに金融庁は2010年に、国内FX業者のレバレッジを最大50倍に規制、2011年には最大レバレッジを25倍に再度規制したことで、ギャンブル性のイメージは一気になくなりました。このような結果を経て現在は、低いレバレッジの国内FX業者を利用せずにレバレッジの高い海外FX業者を利用する傾向にあります。平均して400~500倍、中には3,000倍のレバレッジを提供する海外FX業者も数多くあることから、FXデビューは海外FXからという人も増えています。

この追証ですが、採択されるのは国内FX業者だけであって海外FX業者では追証は適用されません。その理由は海外FX業者ではゼロカットシステム(口座残高以上の損失が起きた場合にFX業者側がマイナス分を負担してくれるシステム)が採択されていることにあります。

日本人向けのサービスを2018年に開始したばかりのXLNTrade(エクセレントレード)。まだまだ新しい会社でありながら、他の老舗業者にはない独自の損失補償サービス(現在は実施されていません)が話題となり、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を挙げている新進気鋭の海外FX業者ですね。

そのほかにも、業界トップクラスのスプレッドの狭さを持つ「ノースプレッド口座」や、設立から現在まで数多くの賞を受賞している実績を持ちます。オールインワン口座(スタンダード口座)では100円の初期預託金からトレードを始めることが可能なため、海外FX初心者の方にもオススメできる海外FX業者です。

日本国内のFX業者では固定スプレッドは標準的ですが、海外FX口座で固定スプレッドを提供している海外FX業者はそれほど多くありません。固定スプレッド口座を提供しているのは、歴史の長い海外FX業者や資金力のある海外FX業者に限られます。

前項で述べたとおり、海外FXの圧倒的な魅力は豪華なボーナスキャンペーンがあるというところです。海外FX業者によって取り扱っているボーナスキャンペーンは異なるため、それぞれのFX業者がどのようなボーナスキャンペーンをやっているのか確認することも重要となります。

海外FX会社が実施している最新の口座開設キャンペーンや入金ボーナスにキャッシュバック、海外FX口座を上手に活用するために必要な様々な基本知識やコアな疑問・質問も随時配信中です。
初めての方におすすめな未入金ボーナス(口座開設ボーナス)や海外FX会社の人気ランキングなどなど、海外FXの全てを揃えています。

2015年より日本人向けサービスの運営を開始した新興海外FX業者Tickmill(ティックミル)。信頼性が高くハイスペックな取引環境を実現しているブローカーです。

海外FXでは、このレバレッジに関して金融庁から規制を受けていないため、最大レバレッジは平均400~500倍となっています。また、最大レバレッジ1,000倍などといったハイレバレッジで取引をすることが可能な業者も存在します。

なお、口座開設の際は運転免許証や住民票などといった本人確認書類を提出しなければいけません。あらかじめ用意して、スムーズに口座を開設しましょう。本人確認書類の提出が完了したら、入金を行うことで海外FXを始めることができます。

みんなで海外FXは、13の仮想通貨取引所を掲載しています。みんなで海外FXでの掲載が終了した仮想通貨取引所につきましては、仮想通貨取引所の一覧をご確認ください。

2014 – 2021 © みんなで海外FX.

取引ツールとは、取引を行うソフトウェアやアプリのことです。海外FX業者の場合はMT4やMT5などといった取引ツールを利用している業者が多いですが、自社開発の独自ツールを利用しているところも存在します。