banner

未分類

海外fx 確定申告

海外fx 確定申告

必要書類は、国税庁のホームページの「確定申告書作成コーナー」より、必要事項を入力して書類を作成します。ここで作成した申告書は、そのまま税務署にて提出することもできます。申告書ができたら税務署に郵送、もしくは提出をして完了です。

FXでは国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

ページ右上の「確定申告書等の作成はこちら」→「作成開始」をクリックし、手順に従って必要な情報を入力しましょう。

確定申告には、簡易式の白色申告と様々な特典がある青色申告の2種類があります。ここでは、簡単に2つの確定申告の種類について解説していきます。

海外FX業者の口座から出さない利益でも、税務署は追跡してきますから、きちんと確定申告は行いましょう。

当サイトで取り扱っている、すべての海外FX業者の、当社独自のレビューを掲載しています。

また、国内FXとは違う豪華なボーナス制度があることも海外FXをおすすめする理由です。例えば、海外FX業者によっては、入金した金額の100%をボーナスバックとして受け取れるものもあります。

確定申告時、住民税の納付方法で「普通徴収」を選択すれば、給与以外の収入があること自体、勤務先に伝わることはありません。

注意しなくてはいけないのが、経費は「自己申告」であることです。確定申告のときに経費を計上していないと、利益のすべてが課税対象になってしまいます。FX初心者のなかにはこの経費の計上を忘れて確定申告をしてしまうケースもあります。経費として計上するためには、領収書やレシートなどが必要となり7年間保管する義務があります。経費として計上するためにもしっかりと保管しておきましょう。

利益を一旦海外の銀行に出金して、そこから日本の銀行に送金した場合も同様です。この場合、手数料が2重にかかってしまう場合もあります。

海外FXで得た利益を日本の銀行に出金すれば、否応なく税務署に把握されることになります。

FXの確定申告は、通常の確定申告とは異なる書類を用意するなど、複雑な印象が見受けられます。しかし、きちんと理解すれば中には節税効果のある情報や、損失を挽回出来る控除などもあります。どれも知っておいて損のないことばかりです。
FXで得た利益を無駄にしないためにも、正しい知識を得て、賢く確定申告を行いましょう。