banner

未分類

海外fx 税率

海外fx 税率

リスクに関する警告: FXやデリバティブなどのレバレッジがかかった商品の取引には資産に対する大きなリスクがあるため、全ての投資家に対して適切ではない可能性があります。取引の前に関連するリスクを完全に理解し、自分の投資の目的と経験を考慮に入れた事をお確かめのうえ、必要に応じて個別のアドバイスをお求めください。地域別制約: TEC Solution Ltd(SV)は、米国、カナダ、フィリピン、スーダン、シリア、北朝鮮の居住者にサービスを提供していません。IS6FXは日本金融庁に登録のない、海外FXブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 当社のサービスは18歳未満の方は対象としておりません。

国内FX、海外FXのどちらであっても、国内にて確定申告を行う必要があります。確定申告の手続きの流れとしては、まずは必要な書類を揃えることから始めます。具体的なやり方について説明していきます。

ただし、初心者には海外FXで330万円を超える利益を出すのは難しく、ある程度まとまったお金も必要になります。最初から国内FXに挑戦するよりも、初心者は海外FXのほうが税金の負担が少なくなります。

個人のお客様には、申告分離課税が適用され、税率は一律で20.315%(復興特別所得税を含む)となります。また、他の金融商品(租税特別措置法第41条-14に定められた金融商品)と損益通算する事が可能で、最長3年間の損失の繰越控除ができます。

中には、シンガポールのようにFXや株式、投資でどれだけ利益を出しても税率が20%程度のところもあります。

海外FXで得た利益も国内で確定申告を行い、所得税や住民税などの税金を納める必要があります。海外で得た利益であっても、海外向けに特別な手続きが必要になるわけではありません。

ただし、以前に比べるとタックスヘイブンを利用した税金対策のハードルは上がっており、海外に法人を作るだけで簡単に税金対策はできません。

総合課税で20%の所得税率になると、他にも住民税の10%が税金としてかかることになります。そのため申告分離課税の国内FXの一律20.315%の税率のほうが、トレーダーにとっても負担が減ります。いくらから負担が大きくなるかというと、年間695万円を超えると税率は33%にまで上がり、900万円を超えると税率は43%になり、単純計算で国内FXの2倍になります。

申告分離課税の税率は一律で20%と決められていますが、2013年1月1日~2037年12月31日までの25年間は、所得金額に対して2.1%の復興特別所得税が課されています。そのため、この期間は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)になります。

海外FXの場合は、200万円の損失を繰り越すことができないので、前年度に赤字がたくさん出ていたとしても利益は300万円となり、課税対象が減ることがありません。国内FXと海外FXの利益と損益を合算することはできません。

海外FXでは、FXのブローカーが金融庁の登録を受けていません。金融庁の認可を取得するためには、国内の金融商品取引法に基づき運営する必要があります。そのためにはレバレッジの制限などの成約があるため、海外FX業者は金融庁の認可を取得していません。ただし、FX業者は金融ライセンスを取得していないと運営できないため、任意の国で金融ライセンスを取得しています。

FXでは国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

海外FXはお金に余裕のある人から多く徴収する仕組みになるので、利益が少ない人にとってメリットが大きな分、利益を多く出している人にとっては不利な制度になってしまいます。あまりにも利益が大きな場合は、法人化なども視野に入れて節税対策を考えていかなくてはいけません。

スワップポイントに関しては、海外FX業者のほとんどがポジションを決済したタイミングで利益とみなします。もし保有しているスワップポイントが20万円以上あって、その年にポジションを決済すると課税対象になってしまいます。

海外FXで課税されるのは、ポジションを決済した時点です。ポジションを保有している時点での評価損益は、損益が確定していないので課税の対象にはなりません。