banner

未分類

国内fx スプレッド

国内fx スプレッド

トレイダーズ証券が提供する「みんなのFX」は、ドル円スプレッドやユーロ円、ポンド円、豪ドル円など主要通貨スプレッドも業界最狭水準で、口座維持費やロスカット手数料など各種手数料も無料となっています。

前項でも説明しましたが、FXのスプレッド幅が狭くなれば、その分「実質手数料が安く」なります。

しかしECN口座の場合はスプレッドが狭い分、最大レバレッジ500倍、最低入金額は10万円からとなっており、ハードルが高いです。

国内のFX業者の多くは「原則固定スプレッド」を採用していますが、中には「変動制スプレッド」を採用している業者もあります。

VIP口座であれば、スプレッドが狭くなるため、資金に余裕のある方はおすすめの海外FX業者です。

ここまでで、スプレッドにおける概要や、海外FX業者は変動スプレッドが一般的であるということをお伝えしてきました。多くの海外FX業者が取り入れている変動スプレッド制は、相場変動に左右されるリスクがある分、「平常時のスプレッドが狭い」というメリットがあります。

カバー先である銀行でもレートが取れないようなとき。具体的には、重要経済指標の発表直後、テロや戦争などの重要な事変、祝日などで取引参加者が極端に少ない状況で大口の売り買いが入った場合などです。FX取引の拡大などもあり、外国為替市場はここ20年ほどで大きく拡大しており、スプレッドが大きく広がるようなケースはどんどん減ってきています(90年代などは雇用統計の発表前後に銀行間でのドル円のスプレッドが1円単位になることなどざらでした)。それでもゼロにはできません。また、最近はアルゴリズム取引による自動売買が増えてきたことで、特に理由なく相場が急変するといういわゆるフラッシュクラッシュという状況がたまに見られます。こうしたケースでもスプレッドが広がることがあります。

またユーロ/円ペアや豪ドル/円ペアなど他の通貨も比較的スプレッドが狭いので、複数の通貨ペアで取引を楽しむことも可能です。

ここまでで、海外FX業者におけるスプレッドの概要についておさえることができたと思います。それでは、お待ちかねの「海外FX スプレッド比較ランキングTOP10」を発表していきたいと思います。スプレッドの狭さだけではなく、総合的に判断した上でランキング付けしているので、あなたにとっておすすめの業者がきっと見つかるはずです。

スプレッドとは、端的に言うと「買値と売値の差額」のことです。

みんなのFXは、トレイダーズ証券のFX取引サービスです。スプレッド幅は、米ドル0.2銭、ユーロ円0.4銭、豪ドル円0.7銭と、各通貨ペアとも、低コストで取引できます。

ちなみにリーマンショックやギリシャ危機により相場が急変動した際には、多くのFX会社でスプレッドが10倍以上にも開いたなんて事例もありました。

FXでは、低コストでオトクにトレードできるよう「スプレッド幅が小さな業者」を選択し、口座開設を進めてください!

また、FX業者の中には「取引手数料」を別途必要とするところがあり、全ての業者が「取引手数料無料」ではありません。スプレッド幅以外にも、約定力(約定率)、取引手数料にも注意しましょう。

ただし、スプレッド幅以外にも注意したいのが「約定力」についてです。どんなにスプレッド幅が狭くとも、約定力が低い場合やスリッページが大きくなる様では、安定した取引は望めません…。