banner

未分類

海外fx スプレッド狭い

海外fx スプレッド狭い

約定力が高く、約定スピードが速く、スプレッドが狭い業者は存在しません。狭いスプレッドの業者はスリッページが発生しやすく、反対にスリッページが少ない業者はスプレッドが広めなのが普通です。ネット上で語られている約定スピードは、単にサーバーまでの到達速度であって正直、あてになりません。もとより「約定」だけを重視して業者を選ぶことはナンセンスといえます。一日に何回もトレードするなら、ある程度のスリッページを受け入れ、取引コスト重視のマーケット、デイトレード以上ならインスタント、徹底的に取引の透明性を重視するならECN方式を選択するといいでしょう。

各社のスタンダード口座相当のスプレッド比較では、GemForex、Axiory、iFOREX、LAND-FXが上位に位置しています。

2017年10月現在、最も確実でおすすめなのは、入金は「国内銀行送金」、出金は「海外(銀行)送金」です。日本市場の開拓に積極的な業者は「国内銀行送金」オプションを用意しています。出金は「海外送金」となり銀行側の手数料がかかりますが、国際取引である以上やむを得ないでしょう。

しかし、VIP口座はスプレッドは非常に狭いのですが、初回入金額がかなり高額なため、開設ハードルは高めです。

Miltonmarketsは最大1000倍という大きなレバレッジをかけられる魅力的な海外FX業者です。

独自調査をもとにした海外FX業者の総合ランキングは下記の記事をどうぞ。

海外FXのスプレッドが広いのは、取引方式に理由があります。海外FXはNDD方式、国内FX業者はDD方式という取引方式を採用しています。

信託保全があること自体が海外FX業者の倒産リスクの回避になりますが、信託保全を導入するという企業姿勢自体が信頼の証でもあるのです。

こちらのランキングも、通貨ペアの中でも取引量が多いドル円、ユーロ円、ユーロドルの平均スプレッドを集計して比較してみました。ランキングでは0.1ロット(1万通貨)で取引した時のスプレッドで計算しています。

そのため、スプレッドが狭いだけではなく、できる限り約定率が100%に近い海外FX業者を選ぶことで取引コストを抑えられるのです。

AXIORYは狭いスプレッド×高い約定力でcTraderを利用できるので、スキャルピングをしたい人におすすめです。

ここからは、中・上級者の方のために「海外FX スプレッドでおすすめの3社」について見ていきましょう。

Land-FXのGOLDはレバレッジが200倍に規制されており、平均スプレッドも3.4pipsと標準的です。