banner

未分類

海外fx 税金 サラリーマン

海外fx 税金 サラリーマン

サラリーマンの場合は会社が年末調整をしてくれますね。会社から「源泉徴収票」をもらうだけ。あとはe-Taxでネットで簡単に確定申告が行えます。

海外FXの所得は雑所得で、雑所得の申告は通常は白色申告となります。もし、青色申告の対象となる所得が他にもあれば青色申告に切り替えた方が節税効果が高くなります。

また、所得が少ないうちなら、海外FXの税制度の方がお得!という理由で、海外FXに移行するケースもあります。

国内株式の税金は「譲渡所得」です。株式の損失額も確定申告しておけば3年間繰り越すことができます。

副業で海外FXをしたいと思ってもなかなか踏み出せない理由の一つに「税金関係」の悩みや、会社に副業がバレたくないなどがあります。その悩みを解決するために、海外FXで副業するにあたり必要な知識を集めました。

申告分離課税が適用される国内FXと、総合課税が適用される海外FXでは、税率が異なっています。

つまり、会社からの給料の年収+海外FXでの収益の合計金額が総所得になるということですね。

この場合、1年目に確定申告をしていれば、1年目の20万円の損失を2年目の利益と相殺できるので納税金額を減らせます。

まず、海外FXで得た利益は雑所得にあたります。国内FXは雑所得ですが税率が決まっていて、申告分離課税というものに当たります。しかし海外FXでは給与所得と同じ累進課税です。

ポインント還元率が高いカードが1枚でもあれば、毎日の節約にもつながります。小さなことかもしれませんが、普段の何気ない暮らしの中でコツコツと節約していくことで、より効果的な税金対策が実現するのです。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

人気の海外FX業者をランキング形式で発表!海外FXの人気が一目でわかる。

確定申告について詳しくはこちら → 海外FXはどうやって確定申告すればいい?ウェブで簡単にできる!