banner

未分類

海外fx 税金 控除

海外fx 税金 控除

確定申告の義務がなくても、確定申告をすることで税金が還付されることがあります。

金融庁の見解によると、「海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けておらず、国内のレバレッジ既定の25倍が適用されていないので、店頭デリバティブ取引に該当しない」とのことです。なんだか海外FX業者を敵視しているように聞こえますね。

FXでは国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

【損失の3年間繰越控除】
くりっく365・株365・商品先物取引には損失の繰越控除ができる制度があります。この制度は、1年間の取引累計差損益金額がマイナスとなった場合、翌年以降3年間にわたりその損失金額を各年の利益金額から控除することができるというものです。その結果、ある年に損失が発生した場合、翌年以降3年間にわたり、当該損失額の範囲内で、課税所得を減らすことができます。

海外という言葉がついているからといって、納税や確定申告をしないと、刑罰の対象となってしまいます。

損失が発生した年に確定申告をしないと翌年以降の損失の繰越控除が受けれないので注意!

FXの確定申告は、通常の確定申告とは異なる書類を用意するなど、複雑な印象が見受けられます。しかし、きちんと理解すれば中には節税効果のある情報や、損失を挽回出来る控除などもあります。どれも知っておいて損のないことばかりです。
FXで得た利益を無駄にしないためにも、正しい知識を得て、賢く確定申告を行いましょう。

課税所得とは、所得から所得控除を引いた金額となります。社会政策上、扶養家族がいる方や、多額の医療費を負担している方には、税金の負担が軽くなるように配慮されているわけです。

農業・漁業・小売業など、継続的に行う事業から生じる所得を指します。青色申告書を提出している方は、青色申告特別控除を受けることができます。

損失繰越控除を受けるためには、取引のない年であっても毎年確定申告をする必要があります。

収入とは、表面上の受取金額をいいます。例えば、サラリーマンの収入金額は手取り金額ではなく、社会保険料や税金が引かれる前の金額であり、自営業の方の収入金額は売上高に相当する金額となります。

また、初心者の場合は国内FXよりも海外FXのほうが税率も安く抑えられるケースもありますので、まずは検討してみることをおすすめします。

営利を目的とした継続的行為から生じた所得以外のもので、資産の譲渡や労務の提供などの対価を有しない一時の所得を指します。50万円の特別控除額が有り、総合課税対象額に合算されるのは1/2の金額になります。

税金は以下のとおりとなります。