banner

未分類

海外fx 税金 節税

海外fx 税金 節税

海外FXで税金が発生しない(確定申告の必要がない)パターンの一例をご覧ください。

海外FX業者の取引口座が国内にないからといって、確定申告をしなくともバレないと思っている方がいらっしゃいますが、海外FXでは、銀行やクレジット・信販会社などが「国外送金等調査書」という、資金移動の記録を税務署に提出しています。そのため、「送金目的」や「送金額」「送金先口座情報」などの情報は税務署が把握しているので、脱税をするとバレてしまいます。必ず確定申告しましょう。

単純に計算をすると300万円の2割なので60万円の税金が掛かりそうなイメージですが、実際には所得控除額が差し引かれるので少し安くなるわけです。

ご覧のようにFX利益が430万円だった場合、海外と国内の税金の差はほとんどなくなります。

節税は合法ですが、やりすぎると脱税とみなされて懲役や罰金などのペナルティが課されるリスクがあります。

ポジションを決済・出金したときに損益として取り扱われるFX会社を使っているなら、決済するまではスワップポイントに税金がかかりません。

利益と費用の差額が少額であれば、計算が間違っていたときの追徴課税も少なくて済みますが、これが数千万円といった単位になると納める税金も数百万円といった単位になってしまいますので注意が必要です。

海外FXの課税対象期間は、毎年1月1日から12月31日です。1年間で得た利益を翌年の確定申告期間中(2月16日〜3月15日)に申告し、所得税を納めることが義務付けられています。確定申告期間はその年の曜日で前後する場合があるので、事前に確認しましょう。

ちなみに税金でけっこうな金額を持っていかれる印象を受けますが、これでも海外FX業者を利用していることで税金は安くなっています。

海外FX業者を利用していると、たまに「申告をしなくてもバレないのでは?」と思う人がいるようですが、これは税金の申告漏れや脱税に類する行為ですのでやめましょう。

330万円の壁を超えると海外FXの税金は利益が上がるほど高くなる、これは、国内FXの方がいいのか?と一瞬考えますね?ところが、総合的に考えると、税率がこれほど違っても海外FXの方が利益を上げることができるのです。

今回は、海外FXで重要な3つのポイントや、白色・青色申告の違い、海外FXで節税ができるのかどうかなどをお話しました。

仮想通貨と比較すると、多くの利益を出すのであればFXの税金の方が安い。

海外FXの収益には、総合課税という税制度が適用される。
総合課税では海外FXの収入のみならず、会社の給料など”すべての所得をひとまとめ“にして考えなければならない。

これにより両建取引のうち損失部分を年内に確定させることで節税し、利益部分は翌年に確定させて損益を調整します。