banner

未分類

海外fx 確定申告 マイナス

海外fx 確定申告 マイナス

世間的には国内FXの方が税率的に優れていると言われていますが、必ずしもそうではないことを覚えておきましょう。また、国内FXで大きな利益を稼ぎたい場合はレバレッジが低いので相当な元手が必要です。海外FXであればハイレバレッジで取引できるので元手が少なくても稼ぎやすいというメリットがあります。

海外FXと国内FXでは180度税金の仕組みが異なるので注意が必要だ。

しかしFXの場合、損失が大きくなり、資産がゼロになったり、マイナスになったりする可能性もある。特にレバレッジをかけている場合、少しの値動きが大きなマイナスを生み出す可能性もある。ロスカットやリスクヘッジがとても大切な投資であることを覚えておきたい。

海外FXは総合課税といって、同じ総合課税のカテゴリーの収益を全て合算したものが課税対象となります。

しかし、CRS(共通報告基準)というものがあり、海外の金融機関は情報交換を行うことができ、銀行だけではなく証券会社も対象です。

後述しますが、海外FXをしていることを会社にバレないようにしたい場合は「自分で納付」にチェックを入れましょう。

逆にXM以外にも複数の海外業者で利益がでている場合には、それも含めた申告が必要になります。

最近では仮想通貨の確定申告も始まっていますので、こうしたややこしい申告にやる気満々の税務員も増えている状況です。

海外FXについては、複数の業者を使っても当然のことながらまったく損益通算などはできない状況ですから、ほかの海外FX業者でマイナスの成績があってもなんら申告上で対応はできません。

ひとことでいいますと、XMを利用した海外FX取引の確定申告には画期的な節税の方法などは一切存在していません。

1年間の取引において、「先物取引に係る雑所得等」で損失が生じたときは、他の「先物取引に係る雑所得等」の利益と損益通算が可能です。言い換えると、あるFX会社での取引で損失が出た場合、他のFX会社での取引で出た利益の額から差し引いて、課税所得を小さくすることができます。あるいは、FX取引で損失が出た場合、先物・オプション取引で出た利益の額から差し引いて、課税所得を小さくすることができます。損益通算を行うには、確定申告が必要です。

別に入れて出しただけで利益がなくても海外送金になるわけですから、かなり疑いの目をもって見られてることにもなりかねません。

給与所得者であって通常確定申告の必要がない人は、XMを利用した確定申告ではその部分の申告書を作り、源泉徴収で課税されているものと合算して修正の課税所得を確定させて追加分の税金を払えばいいわけですから、XMの部分の申告を作成すれば事足りることになります。