banner

未分類

海外fx 雑所得

海外fx 雑所得

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

国内FXでは、FXブローカーが「損益証明書」をトレーダーだけでなく、税務署にも提出しているので、未申告の場合はバレてしまいます。国内FX・海外FXに関わらず確定申告は義務なので、必ず行いましょう。

会社員などの給与所得者の給料に関しては会社側が納税義務を代行するためあまり身近には感じないかもしれませんが、海外FXといった給料以外の所得に関しては一定額を超えると確定申告の必要が出てくるので注意しましょう。

海外FXはお金に余裕のある人から多く徴収する仕組みになるので、利益が少ない人にとってメリットが大きな分、利益を多く出している人にとっては不利な制度になってしまいます。あまりにも利益が大きな場合は、法人化なども視野に入れて節税対策を考えていかなくてはいけません。

また、国内FXとは違う豪華なボーナス制度があることも海外FXをおすすめする理由です。例えば、海外FX業者によっては、入金した金額の100%をボーナスバックとして受け取れるものもあります。

どちらも総合課税の雑所得に分類されるので、利益と損失の相殺が可能です。この場合、総合課税の年間利益は30万円。

今挙げた費用は一部ですが、他にも海外FXに少しでも関係しているものであれば経費として計上できる可能性が十分にあります。

ただし、初心者には海外FXで330万円を超える利益を出すのは難しく、ある程度まとまったお金も必要になります。最初から国内FXに挑戦するよりも、初心者は海外FXのほうが税金の負担が少なくなります。

今回は、海外FXで重要な3つのポイントや、白色・青色申告の違い、海外FXで節税ができるのかどうかなどをお話しました。