banner

未分類

海外fx レバレッジ計算

海外fx レバレッジ計算

トレーダーはこの証拠金を元手に、FX業者から許容されているレバレッジまで、発注量を大きくして取引する事が可能になります。

XMや多くの海外FX業者では「1ロット=10万通貨」になりますが、実は口座タイプによっては1ロットの設定が異なる場合があります。

ここで紹介する海外FX業者は万が一の事があっても、全額保証している業者です。

しかし、けっしてハイレバレッジが危険という事ではなくロット管理を調整することによって危険を回避できる事ができます。

スプレット・スワップ金利・レバレッジ・通貨ペア・取引単位・売買手数・約定力・証拠金・スリッページ・ロスカット・損切り などが、あります。これだけ全て覚えなくても実践していたら、すぐに覚え …

続いてOILを例にすると、証拠金率は「1.5%」とされています。
これをレバレッジ倍率に換算すると「66.666666…」となってしまうため、ここでは小数点第2位で四捨五入しています。

まず海外FX移転時に、かなりの衝撃がありました。 ハイリターンなだけでノーリスク。 もちろんレバレッジを間違って使用すると、すぐにロスカットにあってしまいます。

証拠金率をそのまま利用して必要証拠金を計算する場合は「市場価格 × 契約サイズ × LOT数 ÷ レバレッジ」ではなく「市場価格 × 契約サイズ × LOT数 × 証拠金率」で計算が可能です。

「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金(資金合計 + 評価損益)」 = 「実効レバレッジ」

また、一般に、海外FX業者の1ロットは10万通貨、国内FX業者の1ロットは1万通貨の設定になっています。
国内FXでの取引がある方の場合は、1ロットが示す通貨量の違いには注意が必要ですね。

このように海外FXでは少ない金額でハイレバレッジで取引をする事もでき、筆者みたいに慎重に少ないロットでも取引ができて調整がしやすいのです。

実効レバレッジは、「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金(資金合計 + 評価損益)」で算出できます。