banner

未分類

fx 税金対策

fx 税金対策

源泉徴収のある特定口座の場合は “年間取引報告書”を取引のある証券会社が作成してくれ、儲けに対して税金を源泉所得税として天引きし、税金は証券会社が払っておいてくれます。

赤字の繰り越しができる場合とできない場合では、税金に20万円もの差が出ます。このように、赤字の繰り越しができると、それだけで節税効果があります。赤字を繰り越せる期間は、個人は3年、法人は10年(平成30年4月1日以後に開始する事業年度)と決まっており、法人のほうが有利になります。

海外FX業者の口座で取引をしていて、こんな悩みや疑問を持った方は多いのではないでしょうか。 特に、大きく勝ち越した敏腕トレーダーの方ほど「高すぎる税金を徴収されるのでは?」と不安を感じていることでしょう。

特に2020年は、ビットコインをはじめ暗号資産が大きく値上がりしましたので、税金の取り扱いはしっかりと押さえておきたいところです。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

税金の還付が受けられる可能性の高いケースは、特定口座で「源泉徴収あり」を選択していて、利益が所得控除の範囲内の金額という方です。

所得税と法人税の大きな違いに、税金の計算方法があります。所得税は、収入の種類ごとに所得や税金の計算が異なります。例えば、fx取引と株取引の両方をしていた場合、fx取引で黒字、株取引で赤字が出てもその黒字と赤字を通算(相殺)できません。fx取引の黒字に対してのみ税金がかかります。

口座には従来からある「一般口座」と「特定口座」があります。さらに特定口座は「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があり、利用する口座によって税金の納め方が異なるのが特徴です。

赤字の繰り越しができる場合、翌年は300万円の黒字から前年度の赤字100万円を差し引いた200万円にのみ税金がかかります。

株式の税金は、FXとも暗号資産(仮想通貨)とも異なるスキームになっています。

海外FX業者を利用して得た利益の税金対策は、経費と所得控除を増やすことが圧倒的に重要です。まず、所得控除を有効に活用しましょう。所得控除は、海外FX業者を利用して得た利益額を圧縮してくれますので、もれなく申告しましょう。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

しかし、法人の場合は、収入の種類ごとに所得や税金の計算が異なることはありません。すべての収入を合算して利益を計算(損益通算)し、その利益に税金をかけます。fx取引の黒字と株取引の赤字を通算(相殺)し、その差額だけに税金を課すことができるので、節税になります。

海外FX業者を利用して得た利益について、できるだけ節税するためには、正しい確定申告が欠かせません。 納税のルールに従いつつ、使える税金対策はもれなく使うことが重要です。

例えば、今年100万円の赤字、翌年300万円の黒字 税率20%の場合、赤字の繰り越しができなければ、翌年は300万円の黒字に対して税金がかかります。