banner

未分類

fx 税金 海外

fx 税金 海外

また、初心者の場合は国内FXよりも海外FXのほうが税率も安く抑えられるケースもありますので、まずは検討してみることをおすすめします。

海外FXの場合は、200万円の損失を繰り越すことができないので、前年度に赤字がたくさん出ていたとしても利益は300万円となり、課税対象が減ることがありません。国内FXと海外FXの利益と損益を合算することはできません。

国内FXの申告分離課税と海外FXの総合課税を比較すると、FXだけに限らず総所得が少ない場合は、税金の負担が少ないことがわかります。

総合的に見れば、330万円の壁を超えたトレードを行う場合、税金が国内FXより高くなったとしても、利益は国内FXより多くなるので、海外FX業社を使うメリットは大いにあると言えるでしょう。

FXでは国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

それでもほとんどの海外FX業者は、証拠金のみに利用できるボーナスであるため、出金できず課税対象となることは少ないでしょう。

当然、支払わなければならないボーダーラインというのも、海外FX以外の事業所得や雑所得の合計金額によって変わってきます。

330万円の壁を超えると海外FXの税金は利益が上がるほど高くなる、これは、国内FXの方がいいのか?と一瞬考えますね?ところが、総合的に考えると、税率がこれほど違っても海外FXの方が利益を上げることができるのです。