banner

未分類

fx 税金 特定口座

fx 税金 特定口座

特定口座に金融商品の課税が一本化されれば課税関係が分かりやすくなること、損失繰越控除等確定申告する必要がある場合を除き確定申告義務がなくなること等投資家にとってはメリットが大きいでしょう。

そういったFX取引の確定申告の煩雑さ、社会保険料の増加等から特定口座での取引可能にしてほしいという要望があります。

すぐに利益がでないとしても、ゆくゆくの目標利益を高く定めても源泉徴収をしてくれる特定口座を利用するのも1つの方法です。

FX取引には、東京金融取引所を通して取引する「くりっく365」と、直接FX業者と取引を行う「相対取引」があり、以前はこの2つの課税方法が異なっていたため税金の計算が複雑で難解でした。
しかし、現在はいずれも「申告分離課税」となったため、まとめて税額を計算することが可能となりました。

株取引を行う場合は必ず口座開設が必要であり、一般口座か前述した特定口座かを選択する必要があります。

この記事では、具体的な計算方法や源泉徴収される特定口座保有の有無なども踏まえた注意点を税理士が詳しく解説します。 あわせて確定申告の方法についてもご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

つまり、源泉徴収をしてくれる特定口座で株取引をしており、ふるさと納税先の自治体の数が規定の5自治体を超えていなければ、ワンストップ特例制度を利用し簡単に控除申請が可能です。

一方、株式取引では特定口座(源泉徴収あり)といって、証券会社が損益を計算し、利益が出ればその場で税金を差し引き、(同じ証券会社での取引なら)損を出せば税金が還付されます。他の証券会社と損益通算したり、損失を繰越控除する場合を除き確定申告も不要です。

FX取引から得た利益は雑所得となり、申告分離課税(ほかの所得と合算せずに、特定の所得に対して別々の計算式で課税すること)となります。
FXの差金等決済をした場合には、雑所得等の金額×税率20.315%(所得税15%・復興特別所得税0.315%・住民税5%)が課されます。

特定口座は譲渡所得申告分離課税に適用される制度のため、ご利用はできません。

FXの税制上の問題点である特定口座に入れることができないという点について、日本証券業協会でも税制改正に関する要望を行なっており、令和2年度税制改正に関する要望でもFX取引の特定口座について要望しています。

FXの確定申告ってどうするの?税金や確定申告についてはこちら。

株式のように特定口座(源泉徴収あり)で確定申告不要を選択すると、社会保険料の支払額を決めるための総所得金額に株式利益が算入されません。また、税金関係もそこで終了するため、住民税決定通知書にも確定申告しない限り掲載されません。

外国債券の税金は、利息、償還差益、途中売却による売却益、全てについて申告分離課税が課されます。

一方の申告分離課税の場合は、利益を得た本人が確定申告によって税金を納める必要が生じます。つまり源泉分離課税を選択しておくと利益が出た際の株式配当に対する源泉徴収を証券会社が行った上で特定口座に入金してくれます。