banner

未分類

fx 税金 確定申告

fx 税金 確定申告

所得が上限を超えた場合、確定申告を行って税金を支払う。国内FX口座で得た利益の場合、税率は一律で20.315%だ。これには所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%が含まれている。

例年、確定申告の期限が迫ると税務署の窓口が混雑しがちです。事務処理にも時間を要することになるので、なるべく早めに申告するのが望ましいでしょう。

FXで得られた為替差益やスワップポイントは、「雑所得」として確定申告を行います。所得は税制上、①利子所得、②配当所得、③不動産所得、④事業所得、⑤給与所得、⑥退職所得、⑦山林所得、⑧譲渡所得、⑨一時所得の9つに分類されており、「雑所得」は①から⑨のいずれにも該当しないものです。

また、損益通算してもなお控除しきれない損失の金額については、翌年以後3年間にわたり、確定申告により「先物取引に係る雑所得等の金額」から繰越控除することができます。

1年間のFXの損益を通算し、損失が出た場合も確定申告を必ずしておきたい。なぜなら損失を確定申告しておくことで、翌年から3年間繰越控除を受けることが可能だからだ。

個人商店やフリーランサー、自由業者など、個人事業主として事業所得がある場合は、基本的に確定申告の必要が生じます。ただしFX取引を事業として行っている場合など、FX取引の所得の分類が雑所得にあたらない場合もございますので、確認が必要です。

こうして国税庁のホームページで作成した書類をプリントアウトし、添付書類や マイナンバー書類のコピーなどとともに郵送すれば、確定申告の手続きは完了します。また 個人番号カードに組み込まれている「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」を取得していれば、より手軽に「e-Tax」で申告を済ませられます。

FXで得られる収益には、大きく分けて売買で得た為替差益と、スワップポイントによる収益があります。確定申告を行う際には、その年の1月1日から12月31日までに決済が終了した取引にて発生した為替差益とスワップポイントにより発生した収益の両方を合計した金額が収益として申告の対象になります。当社では決済しなければ損益は発生しません。

2012年1月以降、取引で損失となった場合、その翌年以降3年間に渡り店頭FX/CFD及び取引所先物取引等で発生した利益から損失額を控除することが可能となりました。
損失繰越控除の適用を受けるためにも、損失が発生した年についても確定申告を行う必要があります。また、その後についても継続して確定申告が必要となります。

「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」により、確定申告することで損失を出した年のFX・先物・オプション取引の損と損益通算することができます。

FXの確定申告は、通常の確定申告とは異なる書類を用意するなど、複雑な印象が見受けられます。しかし、きちんと理解すれば中には節税効果のある情報や、損失を挽回出来る控除などもあります。どれも知っておいて損のないことばかりです。
FXで得た利益を無駄にしないためにも、正しい知識を得て、賢く確定申告を行いましょう。

FXで利益が出た場合、FX会社からの申告によって税務署側はどの投資家がどれくらい利益を出しているかを把握している。きちんと確定申告を行い、税金を支払うことで追徴課税など余分な出費を抑えることも可能だ。面倒でも確定申告を行うことが投資家としての義務と言えるだろう。

FXで利益が出ておらず、所得が上限を超えていなければ確定申告しない場合もある。しかし利益が出ていない年も確定申告をすると得になることがある。詳しく解説していこう。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

確定申告において、自分がどれに当てはまるかをチェックしてください。