banner

未分類

fx 海外口座 税金

fx 海外口座 税金

色々調べているところです。 私は今年に入ってから海外FXを始めました。 2月に18万円で利確しましたが、その後の注文によって0円まで溶かしてしまいました。(プラス18万円→マイナス18万円) 3月に16万円で利確し…

ただし、初心者には海外FXで330万円を超える利益を出すのは難しく、ある程度まとまったお金も必要になります。最初から国内FXに挑戦するよりも、初心者は海外FXのほうが税金の負担が少なくなります。

「先物取引に係る雑所得等」の対象となるもの同士では損益通算できますが、同じ雑所得でも「先物取引に係る雑所得等」以外の所得とは損益通算できません。例えば、暗号資産(仮想通貨)の取引で発生した損益や、海外FX業者の口座での損益等は、損益通算できないのでご注意ください。

総合課税では給与所得や不動産所得など、他の所得と合算した後に税金を算出する仕組みとなっており、稼げば稼ぐほど税金が高くなります。

プロのトレーダー並に、利益が年間4,000万円を超えるようになると、55%も税金で持って行かれるのです。こうなると、プロのトレーダーは国内のFX業社を使っているのかと思うと、意外にも海外のFX業社を使っているケースのほうが多いのです。

総合課税で20%の所得税率になると、他にも住民税の10%が税金としてかかることになります。そのため申告分離課税の国内FXの一律20.315%の税率のほうが、トレーダーにとっても負担が減ります。いくらから負担が大きくなるかというと、年間695万円を超えると税率は33%にまで上がり、900万円を超えると税率は43%になり、単純計算で国内FXの2倍になります。

海外FX歴11年。国内FXでのレバレッジ規制に耐え切れず、海外FXへの移行を決意。iFOREX→XMでのデイトレ・スイングを経て、現在はTitanFXのブレード口座をメイン活用し、ハイレバスキャルピングに勤しんでいる。

また、海外FXには損失の繰り越しができないというデメリットもあります。課税対象となる損益は1年サイクルで確定するため、前年にどれだけ損失があったとしても、翌年に得た利益に対してのみ課税され、税金を抑えることができません。

ただし、国内FX同士、海外FX同士の損益については合算ができます。そのため複数のFX口座に分散してトレードをしたほうが、損を出してしまったときのリスクヘッジにもなります。海外FXを始める際には、いくらから税金が変わるのかをしっかりと把握しておきましょう。

人気の海外FX業者をランキング形式で発表!海外FXの人気が一目でわかる。

税金を多く支払ってでも大きく稼ぐか、できるだけ税金を抑えてそこそこ稼ぐかは、トレーダー次第。
税金が重くなってきたら国内FXに移行するのもアリだろう。

加えて、国内FXとは損益を通算することができず、海外FXの利益はそのまま課税対象となる点も覚えておきましょう。

FXでは国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

リスクに関する警告: FXやデリバティブなどのレバレッジがかかった商品の取引には資産に対する大きなリスクがあるため、全ての投資家に対して適切ではない可能性があります。取引の前に関連するリスクを完全に理解し、自分の投資の目的と経験を考慮に入れた事をお確かめのうえ、必要に応じて個別のアドバイスをお求めください。地域別制約: TEC Solution Ltd(SV)は、米国、カナダ、フィリピン、スーダン、シリア、北朝鮮の居住者にサービスを提供していません。IS6FXは日本金融庁に登録のない、海外FXブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 当社のサービスは18歳未満の方は対象としておりません。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。