banner

未分類

fx 税金対策 パソコン

fx 税金対策 パソコン

ご家庭で無線LANを利用している場合は、無線LAN機器の暗号化機能や接続端末の制限等のセキュリティ設定をお願いします。また、お取引で利用するパソコン等で公衆無線LANに接続しないようにお願いします。

海外FXで得た利益も日本国内で確定申告を行って税金を納める義務があり、申告を怠ると税務署からペナルティを受ける可能性があります。

国内FXの税金について理解したところで、海外FXや仮想通貨、個別株の税金がどうなっているかも見ておきましょう。

総合課税では給与所得や不動産所得など、他の所得と合算した後に税金を算出する仕組みとなっており、稼げば稼ぐほど税金が高くなります。

不特定多数の人が利用するパソコンには、第三者による不正ツールなどが仕掛けられていることがあります。お客様の情報を盗まれないようにネットカフェやホテルなど不特定多数の人が利用するパソコンからのログイン等は行わないようお願いします。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

高橋美晴税理士事務所は、会計処理、給与計算、請求業務の合理化を提案する税理士事務所です。会計ソフト「FX2」を使った損益計算や資金管理により、今後の企業目標達成に向けた有効な対策を提案。会計、給与、請求業務をまとめてIT化する「e21まいスター」により、経理業務全般の合理化も可能です。パソコンをあまり使用しないという方でも、直観的で分かりやすいシステムを導入するので、誰でも業務の効率化が可能です。導入後はスタッフが毎月訪問し、正しい仕訳がされているか確認するため、誤りがあれば丁寧に訂正、指導を受ける事ができます。その他、高橋美晴税理士事務所では経営改善計画を行っており、経営の現状診断や5年後の経営状態を予測するサービスも実施、長期的な目線のコンサルティングを提供しています。

株式の配当、投資信託・楽ラップの分配金、債券の利子は、原則として支払われる都度、相当する税金が源泉徴収されます。特定口座で「源泉徴収なし」を選択していても配当・分配金・利子は源泉徴収の対象です。ただし NISA 口座で購入した株式の配当(ただし株式数比例配分方式で受け取った配当のみ)と投資信託・楽ラップの分配金は非課税になるので、源泉徴収されません。

この確定申告に当たり、賢く節税を行うためのポイントが経費です。例えば、パソコンです。PCのような高額なツールは、経費に計上することで、大幅な節税を図ることができるのです。特に、FXやアフィリエイトのような、パソコンが必須の業務では、高額なパソコンでも経費として認められやすい傾向があります。

税理士法人ピアツーピアは、山形県山形市に本社を構える税理士事務所です。税務会計に関する業務、資金繰り、相続対策・手続、経営支援など幅広い業務に対応してきました。特徴として、財務経営力や資金調達力を向上させるための豊富な支援プログラムがあげられるでしょう。「経営革新等支援機関」に認定されており、中小企業の事業経営改善について積極的にサポートを行っています。そのなかでも、経営者塾を開催したり、大手銀行から信頼される決算書を作成したり、税金関係のことだけにとどまらない手厚いサービスが魅力。また、相続手続きについても得意としており、相続人の確定から相続税申告書、遺言書の作成まであらゆることを代行してくれます。相続名義アドバイザーが面倒な作業を全て請け負ってくれるので、相続についてお困りの方にはうってつけの会社と言えるでしょう。

FXやアフィリエイトなど、ネットを主体とする副業では、パソコン作業が必須です。そのためか、確定申告ではパソコンや周辺機器が経費として認められやすい傾向があるようです。場合によっては、パソコン代金のまるまる1台分。少なくとも、半分は経費として計上することができます(後述)。パソコンのような高額な商品でも消耗品ですから、利益が出た年に買い換えない手はありません。

みんなのFXでは、取引画面へのログイン時に、パソコンのキーボード入力ではなくマウス操作でIDとパスワードを入力できるソフトウェアキーボードを導入しています。ソフトウェアキーボードを利用すれば、キーボードに入力履歴が残らず、キーボードの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアからログイン情報を守ることができます。また、ソフトウェアキーボードは画面内で自由に移動でき、開くたびにキー配置が変わるので、マウスカーソルの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアからもログイン情報を守れます。

埼玉県さいたま市に事務所を構える「みほ会計事務所/古川敬之税理士事務所」は、投資家のための投資専門の会計事務所を標榜し、賃貸などの不動産投資、FXトレーダーの会社経営・運営全般をサポートしています。通常の会社設立はもちろん、任意組合、匿名組合、有限責任事業組合(LLP)などを利用した事業スキームの会計・税務にも対応していることが特徴でしょう。
もちろん、既存のFX法人だけでなく、個人のFXトレーダーの法人化・会社設立も対応しています。代表税理士はFX関連の著作も持っており、FXトレーダー目線で税金・社会保険料の節税・縮減をサポート。法人の顧問となり税務調査立ち会いから顧問相談まで受け付ける「FX法人顧問サービス」、各種申請など、事務処理のみでも依頼できる「FX法人バックオフィスパック」の2つのプランでニーズに応えています。

また先述のように、パソコンをプライベートでも使用する場合、その分按分する必要があります。按分の仕方は、使用時間の割合など、根拠を持って決定しましょう。

海外FXの税金は雑所得の総合課税に分類され、所得に応じて税率が上がる累進課税(5~45%)となるからです。