banner

未分類

fx 税金対策 両建て

fx 税金対策 両建て

両建てを使うときは、経済指標などが発表され、相場が大きく動きそうなときに使うのが有効です。経済指標が発表されると相場は大きく動きます。経済指標の発表によっては、相場が上がることもありますし、逆に下がることもあり得ます。なのであらかじめ予想して取っていたポジションが予想とは大きく異なった場合などに両建てが有効です。

たしかに、この方法だと損失が出ることもありませんが、利益が出ることもありません。しかし、一見全く意味のないように見える、この両建てですが、その時の相場の条件やタイミングを見て使えば、非常に大きな意味がある投資の方法にもなります。ですが、FXの会社では、あまり推奨されている方法ではありません。

海外FXでの利益は総合課税なので、最大55%もの税金が発生します。海外では投資事業で得た利益には税金が発生しない国もあるので、なんだか損をしている気持ちになります。少しでも納める税金を減らしたい人たちのために税金対策を難易度別でまとめました。

今年の損失を翌年以降に繰越すことで、例えば翌年度FXで大きな所得を得た場合に支払う税金額を少なくすることができる。損失が出ていても、必ず確定申告を行っておきたい。

これらの控除は一般的には申請しないと控除されません。該当する控除があるのかどうかは税務署で相談すれば簡単に教えてくれるので漏れがないように申告して税金を安くしましょう。

両建ての投資のやり方では、利益の幅を広げられる可能性を秘めています。なぜかというと、両建ての手法が上手くいけば、長期的トレンドでも、短期的トレンドでも利益をあげられる可能性があるからです。つまり、長期的に上昇している場合には、買いのポジションで利益幅を上げることができますし、短期の下降ポジションであれば、売りのポジションにいて利益を上がることができます。

③未決済ポジションと逆方向に両建てをして損益をキープして年越しをすると、「利益が900万円」で確定し税率は「33%」の納税で、レートが上がっても下がっても損益は0の状態で保てるということです。

例えば、相場が急に大きく下落し始めたときに、大きな損失を抱えてしまうリスクがあります。それを両建ての手法が保険となってカバーしてくれることがあります。一緒の通貨のペアを買いと売りのポジションを別々のFX会社で持ちます。このときは、買いのスワップポイントが高いFX業者で買いのポジションを取っておき、売りでの損失をなるべく出さないように売りのマイナスポイントが低いFX業者で売りのポジションを取っておきます。売りのポジションも買いのポジションもどちらも取っているので、為替相場が仮に急に下降したりしたとしてもトレーダーが損失を出すことはなく、安心してスワップポイントを使ってコツコツと稼ぐことができます。

具体的にどういうときに両建てをするのが効果的なのかということを説明していきたいと思います。

両建ての手法では、為替相場でのリスクに保険として対策を取ることができて、スワップポイントで稼ぐにはもってこいの手法になります。

このように利益が増やせるだけではなく、相場が急に変化を起こしても片方のポジションがもう一方のポジションの保険にもなります。このように両建てを使いこなすことができれば、長期では買いのポジションで、短期では、売りのポジションで利益を上げることができます。長期と短期で、利益を合わせて稼げるのが両建て手法の良さです。

両建てというのは、節税の対策に使うこともできます。思ったよりもFXで利益が上がったりした場合に使うことができます。特に扶養に入ってる方などは、利益があまり出過ぎると困ることもあると思います。そういうときに両建ての手法を使って対策を講じることができます。