banner

未分類

fx 税金 計算

fx 税金 計算

先に述べたように、FXで得た利益は、9分類の所得や他の「雑所得」とは切り離して税額が計算される「申告分離課税」の対象であり、FXで得た利益と9分類の所得や他の雑所得との間で損益通算することは認められていません。しかし、同じく「申告分離課税」の対象となっている他の金融取引と FXで得た利益は損益通算が可能です。

複数の会社でFX/CFD取引を行っている場合には、トータルでの損益を計算してください。

FXにまつわる税金に関しては、知っておかないと損をすることもあります。ここでは、必ず押さえておきたい重要なポイントを解説しましょう。

総合課税では給与所得や不動産所得など、他の所得と合算した後に税金を算出する仕組みとなっており、稼げば稼ぐほど税金が高くなります。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

商品を選んでカートに入れると、まるで買い物をするかのように寄付することができ、「ワンストップ特例制度」を利用すれば、確定申告をしなくても寄付した金額の2,000円を超える部分が住民税から戻ってきます。お手軽に寄付金控除を利用したい方は、ふるさと納税サイトを利用して寄付・税金対策をしてみましょう!

課税される利益を抑えれば税金は少なくできます。FXの利益を少なくできる損失を探してみましょう!

収入や所得を計算するに当たってまず必要となるのは、所得形態の把握です。所得税法では、その性質によって所得を10種類に分類し、課税方法に差違を設けています。下表をご覧ください。

こちらのページは個人の所得税について説明しています。法人は法人税の対象で、こちらのページに記載の税制の対象とはなりません。法人の計算期間に合わせた報告書を要望に応じて作成いたしておりますが、予約は受けたまわれませんので、会計期間経過後にご連絡ください。

まずは年間の損益を計算するために、使っているFX会社で年間収益報告書を入手する必要があります。

FXで得た利益は先物取引に係る雑所得等に区分され、所得税15%+地方税5%の、一律20%で課税されます。これは、申告分離課税に当たります。申告分離課税は、他の所得とは別に税額を計算し納税する方法です。ただし、2013年1月1日から2037年12月31日までの期間は、「東日本大震災からの復興の為の施策を実施する為に必要な財源の確保に関する特別措置法」に基づき、所得税額に対し02.3151%の復興特別所得税が課されます。このため、先に挙げた期間の間の税率は、20.315%となります。

海外FXの税金は雑所得の総合課税に分類され、所得に応じて税率が上がる累進課税(5~45%)となるからです。

複数の会社でFXを取引していて、A社では利益が出ているけれどB社ではマイナスになったという場合、A社とB社の損益を通算してOKです。FXの課税は1社ごとではなくまとめて行いますので放置している口座がないか見直してみましょう。もしかしたら、支払う税金が少なくなるかもしれません。

ここまで主に所得税の計算の流れをご覧いただきましたが、税法の仕組みは大変複雑です。確定申告にあたっては、税務署や税理士に相談されることをお勧めいたします。

株式の税金は、FXとも暗号資産(仮想通貨)とも異なるスキームになっています。