banner

未分類

fx 自動売買 やり方

fx 自動売買 やり方

運用成績をまとめている一般トレーダーもおられますが、はなまるFXがオススメするのはFX会社公式で開催している自動売買のレポートです。

自動売買をスタートさせたら、あとはのんびりと構えることが大事です。少し予想と逆方向へ進んだとしても長期的なトレンドの見方が合っていればやがて相場は戻って来て、含み損も利益に変わってきます。しかし、ここに問題があります。「どのくらいの含み損に耐えられるか?」です。そこでとても役に立つのが目安資金表です。これは注文画面からも確認できますがアイネット証券のホームページに各通貨ペアと設定値幅ごとに、また想定する変動幅が1円の時、3円の時と、50円の変動幅まで、最大リスクを想定してスタートするために必要な「目安資金」が掲載されています。もちろん、これは絶対に大丈夫というわけではありませんので、より安全な運用をするためには、より長く過去に遡って、相場の変動幅がどうだったのか確認したり、設定値幅を広めにするなどの調整をすることをお薦めします。資金管理こそがより大きな利益を生むためのコツなのです!

そういったトレーダーの「生の声」を聞くことが出来るのがFXの自動売買について触れたブログなどでしょう。

リピート系自動売買は基本的にはほうっておいても利益が出るということが最大の特徴で、そこに裁量トレードとの大きな違いがあります。通常裁量トレードでは売買ポイントとなる先々の為替レートを予想して、それが的中すれば利益を得られます。
しかし為替レートの動きはまちまちで予想が外れてしまったり、売買ポイントを逃してしまうと、そのトレードは失敗したということになります。しかしリピート型の自動売買の場合、相場は上がったり下がったりを繰り返しながらレンジやトレンドが作られるという相場の性質に沿った仕組みとなっているので、売買ポイントをきっちりと予想しなくても、相場の細かい上げ下げでコツコツと売買を繰り返します。長期的に運用していれば、一時的に思惑と逆に進んでしまったとしても、途中の細かい売買で利益を得られるチャンスもあるのです。
慌ててストップしたりするとかえって損失を確定することになってしまいます。このように自動売買には裁量トレードとは違ったコツがあります。この後さらに詳しく見ていきましょう。

これはつまり、優れた運用の再現性が高いということ。現在はリピート系自動売買を中心に、実績を出しているトレーダーが自らの運用ロジックを公開するケースが増えています。

またインヴァスト証券のシストレ24の様に状況に合わせてプログラムを自動で入れ替えてくれる仕組みがある所を選ぶと安心です。

自動売買のシステムが一定のルールで取引し続けることを踏まえると、より理想の取引を追求するのであれば裁量取引をするべきです。

また、自動売買の設定は多種多様です。自分にあった売買の条件は自分の裁量で決めなくてはならず、FX取引は初めてという方は、その点も含め取引に関する最低限の知識を持って取引を行わないと思わぬリスクが生じることもあります。