banner

未分類

fx取引は 法人でも個人事業主でも行うことができます

本業やfx取引の利益が赤字の場合は 注意が必要です

同じ利益で個人事業主の場合、事業所得は赤字のため税金はかかりませんが、fx取引の利益は別で税金がかかるため、個人事業主の方が損になります。本業やfx取引の利益が赤字の場合は、注意が必要です。

法人と個人事業主では、税金の計算方法が異なります。特にfx取引を副業で行っている場合は、大きく考え方が異なるので注意が必要です。fx取引するなら法人と個人事業主のどちらが得になるのかは、fx取引が本業か副業か、本業とfx取引それぞれの利益(所得)金額はいくらかによって異なります。

fx取引は、法人でも個人事業主でも行うことができます。fx取引で利益が出ると、税金がかかることがありますが、できれば税金は安くしたいところです。そこで、法人の経営者なら法人で取引をするか個人でするか、個人事業主なら個人で取引をするか、それとも法人化するか悩むところです。

本業とfx取引を合算したものが、その年に個人事業主が支払う税金の金額になります。

しかし、法人の場合は、本業と副業の利益を合計できます。例えば、法人で本業の利益が赤字100万円、fx取引の利益が黒字50万円の場合、本業とfx取引の利益を合計すると、赤字50万円となり税金はかかりません。

先物取引に係る雑所得等の税率は、所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%の合計「20.315%」です。fx取引に対する税金は、次のようになります。