banner

未分類

fx 税率

fx 税率

海外FXの税金は雑所得の総合課税に分類され、所得に応じて税率が上がる累進課税(5~45%)となるからです。

FXでは為替差益とスワップポイントという利益を得られますが、日本の税制上、これらに対しては税金が課されるようになっています。税率は20.315%で、「所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%」というのがその内訳です。復興特別所得税は東日本大震災からの復興の財源とすることを目的に、2013年1月1日〜2037年12月31日まで徴収されます。

店頭FX取引では、申告分離課税(雑所得)が適用され、税率は一律20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および住民税5%)になります。

2013年1月1日から向こう25年間に渡り、所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課されることになりました。したがって同期間の税率は、一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)となります。復興特別所得税の詳細につきましては、国税庁「個人の方に係る復興特別所得税のあらまし」をご覧ください。

その後、2005年に金融先物取引法(当時)が改正され、「くりっく365」などの“取引所取引”でのみ申告分離課税が認められるようになったが、いわゆるFX会社を利用した“店頭取引”はまだ総合課税だった。ようやく2011年にまとめられた税制改正で、申告分離課税が認められるようになった。2012年1月以降、所得額の大小にかかわらず、税率は一律20%となっている。

FXで課される税金は、国内FX業者の場合「約20%」で計算できましたが、海外FX業者の場合、最大50%の税率が課されるので注意が必要です。みなさんは安全なトレードができるよう、必ず安全な「国内FX業者」を利用してくださいね。

申告分離課税の税率は一律20.315%で、その内訳は所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%となっています。

また、2013年から2037年まで(25年間)の所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課されることになりました。そのため、同期間の税率は所得にかかわらず一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)+住民税5%)
となります。

FXで利益が出た場合、税金をどのように処理したら良いか、ご存知だろうか。この記事ではFXでどれくらい利益を出したら税金を支払うべきなのか、税率や課税対象から節税の仕方までを解説する。

暗号資産取引による所得は「雑所得」のため損益通算はできず、税率も最大55%。これを株式取引やFX(外国為替証拠金取引)と同じように、申告分離課税の適用、税率は20%、損益通算可にして欲しいというのが要望の主旨だ。