banner

未分類

海外fx税金 抜け道

海外fx税金 抜け道

おそらく、多くの人が気になっていると思いますが、結論から言うと、国内FXと海外FXは科目が違うため、損益の相殺はできません。

国内FXで利益が出始めて税金を納めるようになった時に、おそらく誰もが一度ぐらいは「海外FXなら税金払わなくても、バレないのではないか・・・・」と希望を抱いた経験があるのではないでしょうか。

では、専業主婦など非給与取得者についてはどうでしょうか。海外FX以外に何も収入がない場合、年間利益が38万円以上になると確定申告をする必要があります。

海外FXの他にも、仮想通貨やバイナリーオプション、アフィリエイト、原稿収入なども雑所得に分類されています。

利益を一旦海外の銀行に出金して、そこから日本の銀行に送金した場合も同様です。この場合、手数料が2重にかかってしまう場合もあります。

たとえば海外FXで収益を得られており、法人化したものの1年目の経済ショックで200万円の損失が出たとしましょう。200万円の赤字を繰り越せるため、2年目に800万円の利益があっても200万円を差し引いて所得は600万円になります。

たとえば海外FXトレードを行う傍ら、その経済的知識と海外情勢への理解力を生かして、輸出入のビジネスを行っているとします。しかし、ある年に輸出入ビジネスで100万円の損失が発生してしまったとしましょう。

700万円以上の利益を海外FXで出している方は確実に節税メリットがあるので法人化を検討する価値はあると言えます。

一方で法人なら300万円の海外FXによる収入から輸出入ビジネスの損失100万円を差し引いた金額(200万円)が法人税の課税対象となります。

また個人の場合には損益通算ができず、法人の場合には可能です。海外FX以外も行っており、損益通算を行う可能性がある場合には、今からでも法人化を検討することをお勧めします。

海外FXでの取引をするときに注意しておきたいことは、利益が出た分には税金がかかるということです。
株、FX、仮想通貨(暗号通貨)などは確定申告で自己申告をして支払うので、個人にゆだねられています。
なので税金を払うこと自体に自覚がない場合も少なからずある人もいますが、確定申告をして税金を払いましょう。

個人の場合には国内FXの所得と海外FX会の所得の税区分が異なるため、損益通算できません。そのため海外FX会社で生じた収入の500万円が所得となります。

しかし、ご安心ください。国内FXと海外FXの特徴を理解すれば、きちんと納税することが可能です。それだけでなく、それぞれの特徴を理解することで、これからの運用に役に立てることができます。