banner

未分類

楽天mt4 使い方

楽天mt4 使い方

これらのFX業者であればデモ口座を無料で利用することができます。ただし、楽天証券に限りあらかじめ楽天FX口座を開いておかなければ、MT4デモ口座を使えないという仕様なのでご注意を。

楽天証券でMT4を利用されるのであれば「楽天FX口座」と「総合取引口座」にもご注目を。楽天証券でMT4口座を利用する場合、まず先に楽天FX口座を開設する必要があり、総合口座も同時開設していただけます。もちろん、いずれの口座も手数料無料で開設可能。

楽天FX口座であれば米ドル円0.2銭原則固定(例外あり)など、MT4口座よりも低水準のスプレッドにて取引が可能。さらに、グッドデザイン賞を受賞した高機能チャートツール「マーケットスピードFX」や、チャートの8分割表示やマイページ機能を搭載しているスマホアプリ「iSPEED FX」を自由にお使いいただけます。

楽天証券はCFD取引サービスも取り扱っており、FXと同じく「MT4」を利用して取引が可能です。楽天証券は日経225やNYダウなどの株価指数CFDに対応しており、今後は金や原油などの商品CFDにも対応予定。

「楽天MT4」は大手ネット証券会社である楽天証券が提供しているFXサービスです。国内ではFX専業業者や外資系業者でのMT4提供が多いのですが、楽天証券のようなネット証券でMT4を使えるのは珍しいパターン。楽天グループの知名度の高さは言うまでもありませんし、大手ネット証券ということで信頼感もあります。米ドル円0.5銭やユーロ米ドル0.6pipsなどの低水準スプレッドも魅力的(原則固定・例外あり)。

CFD対応の業者はいくつかありますが、MT4に対応している業者は限られています。FXだけでなくCFD取引にも興味のある方は要チェック。楽天証券CFDに関しては別ページで詳しく解説していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

例えば、トルコリラ/円のスプレッドは6.8銭原則固定。トレイダーズ証券みんなのFXは1.6銭原則固定なので、比較すると楽天証券のスプレッドはかなり広めです。

また、総合取引口座では株式や投資信託、債券、先物・オプションなどさまざまな金融商品の取引が可能。FX以外の銘柄でも取引したい方は要チェックですね。楽天MT4にはゴールデンウェイ・ジャパンやOANDA Japanのようなオリジナルインジケーターなどの提供はありませんが、楽天FX口座の高機能ツールを併用できたり、複数の金融商品を取り扱っていたりするのがメリット。

MT4 Prime(DMA)では月額70万円の利用料金が必要ですが、初月は月額無料なのでハイクオリティなトレード環境を求める方は要チェック!「月額70万円はちょっと・・・」という方はMT4 Directであれば月額無料なので気軽にサクソバンク証券でMT4を使い始めることが可能です。