banner

未分類

fx 海外移住

fx 海外移住

「1年の半分(183日)以上を海外で滞在すれば非居住者になりますか?」

ただ、相談者の方のお話を伺っていると、税法上において、海外に移住するということは、皆さんが思っておられるよりハードルが高いと感じることが多いのも事実です
(ざっくばらんに言えば、それでは非居住者とは言えないのでは?と感じることも、伺っていて多いということです)。

更に、国内FX業者にはない魅力もたくさんあります。例えば、国内FXよりもはるかに高いレバレッジで取引ができる点、口座残高がマイナスになっても追証が発生しないゼロカットシステムを採用している点などです。海外居住する場合でも利用できる海外FX業者でFXを継続することを検討してはいかがでしょうか。

こうした現状のため、シンガポールや香港ではなく多くの人はマレーシアに移住します。マレーシアはアジアの中でも非常に発展しており、オフショア地域もあります。さらに、海外の人を広く受け入れる土台が整っています。

親子ともに仕事の関係で海外に移住しているケース、あるいは親子ともに海外生活を希望して移住しているケースなど、移住した結果として贈与税が免除されることが理想的ではありますが、わざわざ贈与・相続税を免除する目的で「親子ともに10年以上海外に居住する」というのは現実問題としては非常に難易度が高いと言わざるを得ません。

しかし、こうした富裕層の多くは、実際には生活拠点をひとまず確保して、日本には一時帰国、年間のほとんどはアメリカやヨーロッパなどの海外へ遊びに行ったままというケースも多くあるようです。

規制の面でも、受け入れやすさの面でも、現在ではシンガポールや香港よりマレーシアの方が勝っています。マレーシアは英語教育が非常に発達している国であるため、こうしたことも広く海外の富裕層を受け入れられている理由になっています。

会社が稼ぐ額が大きくなれば、航空券代などを考慮しても、「海外移住して商談のときだけ日本に来る」ようにする方が圧倒的に多くのお金を残すことができるのです。

日本国内に不動産などの資産がある場合は無理ですが、FXトレーダーやIT社長を含め、どこに住んでいたとしても問題ない人であれば、海外移住も検討するようにしてみてください。そうすれば、税額が極端に低くなります。

社長がずっと会社を留守にすることで、ビジネスが回らなくなる会社は海外移住による税金逃れに適していません。

富裕層であれば、誰もが考えるものとして海外移住があります。もっと言えば、所得税や法人税、相続税などが非常に低いタックスヘイブン地域への移住を検討するのです。こうした国を活用することで、大幅な税金逃れを実施できるようになります。

今後は日本の非居住者になることによって日本での節税効果を最大化するために海外移住する、また日本の国税庁はそれに対抗する税制が施行されるといった流れが続いていくものと思われます。現在、仮想通貨は有価証券とはみなされず、日本の税制では「雑所得」として申告することになっていますが、かつてはFX(外国為替証拠金取引)が源泉分離課税を適用させたように、この仮想通貨も同様の方向で課税関係を適用させていく日が近い将来やってくるのかもしれません。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

現在の日本の税法では、贈与税(相続税)を非課税とするためには、贈与人、被贈与人ともに10年以上海外に居住しているか、相続人が外国籍かつ被相続人が1年の半分以上を海外に住んでいる必要があります。

コンビニでビールを買うくらいカンタンに入出国自由の年間ビジネスビザが取れるという、海外ノマドにとって願ったりかなったりの国カンボジアですが、実際のところ、居住するにはどうなのか実情を探るべく1ヶ月ほど滞在してみました。