banner

未分類

fx 海外 国内 どっち

fx 海外 国内 どっち

一方の海外業者は、意外にも登録が簡単で、筆者の知る限りマイナンバー提出を義務付けているところは一社も存在しません。そもそも、海外の業者が日本人のマイナンバーを集めたところで、なんのメリットもないわけで…。

一方、海外では口座開設のみで20,000円のボーナスがもらえたり、10,000円入金すると証拠金が2倍の20,000円になるキャンペーンを実施している業者もあり、ボーナス取得方法がかなり容易に設定されています。

常に勝ち続けることが難しいFX取引において、税金面では国内FX業者が断然有利と言えます。

要するに、広告宣伝費ということです。海外FX業者の収入源は、トレード時に発生するスプレッド(手数料)やスワップポイントです。多くのトレーダーがトレードすることがで海外FX業者は儲かるのです。

それともうひとつ、国内FX会社を利用する場合と比べて、重要な違いがあります。日本の行政下にない海外FX会社口座での損益は、国内での場合と同じ税法上の扱いを受けません。

国内業者の場合、数十種類のFX通貨ペアといくつかのCFD(貴金属や日経平均株価など)くらいしか取り扱っていません。「ドル円とユーロドルしか取引しない」という方は、国内業者でも何ら不満感じないと思いますが。

こうして見てみますと、国内業者を利用してFXをやった方が遥かに有利な気がしてくるのではないかと思います。そういった側面は確かにあります。

チャットサポート開始に伴い電話サポートは終了となっていますが、問い合わせ内容に応じて24時間以内に返信してくれるため、海外FX初心者にはとても安心です。

国内の場合は、口座開設を行い10万円以上入金すると10,000円のキャッシュバックや、10万通貨取引を行うと5,000円キャッシュバックしてもらえたりします。

他の所得と合算した上での課税ですから、具体的に幾ら以上海外口座で稼ぐと国内の場合よりも不利になるという話はできません。しかし一般的に給与所得のある人は様々な控除額を差し引いたとしても、その所得だけで30%に達してしまうかも知れません。

一昔前までは「国内のFX業者を使うのが当たり前」という国内FX一強時代が続いていましたが、2011年夏に個人口座のレバレッジが最大25倍へ引き下げられて以降、ハイレバレッジを提供する海外FXが注目を集めています。

そのため登録しないことで海外FX業者は利用者を守っています。
認可を受けていないから日本在住の方が利用できないということは絶対にありませんし、使って法律に触れることもないのでご安心ください。

個人的な見解としては、少資金のうちはハイレバな海外FXで稼いで、ある程度の資金が出来たら国内FXと海外FXを使い分けるのが良い選択なのでは?と思っています。まとまった資金があればレバレッジ25倍でも十分な利を狙えますので。