banner

未分類

fx チャート

fx チャート

一般的なチャートソフトでは、MACDは長短2本の指数平滑移動平均線(EMA)の差であるMACDと、MACDの移動平均線であるシグナルの2本のラインで構成され、MACDとシグナルの差を表すヒストグラムがある場合は棒グラフで表示されます。

リストチャートでは日足の4本値とチャートを並べて表示できます。レートとチャートを同時に見ながら相場分析ができます。

セントラル短資FXのプログレッシブチャートは一つの画面に「チャート」「ポジション」「口座情報」が表示されています。注文はクリックやドラッグするだけで可能。ダウンロードは不要なので、気軽にお試しで使用できます。

「プラチナチャートプラス」は、多彩な機能や軽快な操作感が魅力のチャート分析ソフトです。高いデザイン性も兼ね備えているので、気分良く取引を進められるのが特徴です。

1画面内で取引レートやチャート、テクニカル分析や取引分析などを行えるので、FX初心者だけでなくプロの投資家も利用しやすくなっています。

上のチャートは、リーマンショックが発生した2008年9月のドル円週足にMACD(短期EMA12、長期EMA26、シグナル9)を表示したものです。

FXブロードネットfor iPhoneは、ログイン不要で為替レートとチャートが閲覧できます。ログイン不要なので、急なニュースや出先で時間が取れないときなど即座にレートを確かめられます。

MT4は、チャート上に経済指標情報を表示できるので、別で表示させておく必要がありません。チャートの画面で好きな時に確認できます。

1画面チャートではTickチャートを同時に表示することや、複数のテクニカル指標を表示させることができます。

PCと違ってスマートフォンは日常から持ち歩いている方も多く、プッシュ通知はチャートを常に起動していなくてもすぐに情報として自分に届くので便利です。

チャートで選ぶなら一番におすすめしたいのが、テクニカル分析を自動で行ってくれるヒロセ通商の「LIONチャート」です。

そのため、テクニカル分析は実質的にチャート分析と捉えても差し支えありません。チャートについてしっかり理解することが、テクニカル分析習得の第一歩となります。