banner

未分類

fx チャート リアルタイム

fx チャート リアルタイム

・フィボナッチ・リトレースメントフィボナッチは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が研究した「フィボナッチ級数」の意味で、リトレースメントは「引き返す、後戻りする」の意味です。フィボナッチ・リトレースメントは、フィボナッチ数列をトレードに応用したテクニカル手法で、相場の上昇局面での一時的な押し目や、下降局面での一時的な戻りを予測するための指標です。

為替チャートをもとに為替レートの先行きを推察・予想することをテクニカル分析といい、その際に重要な手がかりとなってくるのが様々な指標です。日本の投資家にとって最も馴染み深い米ドル/円はもちろん、一般的にその推移が頻繁には報道されていない英ポンドやユーロ、スイスフランなど、日頃の変動をよく把握していない通貨ペアをトレードする際にも、為替チャートの分析が有効となってきます。ここでは、最もポピュラーな指標であるローソク足の解説から始めることにしましょう。

FXの取引を行う上では、相場が過去どのような値動きをしていたのかを知り将来の値動きを予想するためにチャートやテクニカル指標の見方を覚える必要があります。
チャートの縦軸は価格、横軸は時間を表します。
たとえば米ドル/円のチャートであれば、グラフの上に行くほどドル高(円安)、下に行くほどドル安(円高)になります。

大半の為替チャートでは、平均値の計算期間の異なる2本の移動平均線が表示されています。日足では、5日ごとの平均値の推移を結んだ5日線、25日ごとの平均値の推移を結んだ25日線の組み合わせのパターンが一般的です。週足では13週ごとの13週線と、26週ごとの26週線が描かれているケースが主流となっています。

ボリンジャーバンドとは、「価格の大半は特定の範囲(バンド))内に収まる」という統計学の考え方に基づく指標です。大学受験などでも用いられる偏差値によって、今後の為替レートの変動範囲を予測してチャート上に表示しています。

チャートは為替レートの推移を示したものですが、そのグラフの描き方については様々な手法があり、日本で考案されたローソク足もその一つです。ローソクを見れば、時間の経過とともに為替レートがどのように変動していったのかをリアルに把握できます。