banner

未分類

fx チャート 予想

fx チャート 予想

ユーロにおいては、EU復興基金やワクチンへの期待感からユーロ高を予想するも、ECBの金融緩和の長期化から、結果としては横ばい圏内の動きになると予想した(使用データ:2021年1月8日9時現在)。

発表はそれぞれの国の中央銀行や官公庁のホームページなどで公表されることがほとんどですが、FX会社の「経済指標カレンダー」では、発表結果を一覧で確認することができます。大変便利なので、ぜひ活用したいです。また、発表結果のみならず、いつ、どの国の何の経済指標が発表されるのか、また予想値はいくつで前回値はいくつかなど詳細な情報も確認できます。

テクニカル分析を自動で行い、相場のトレンドがすぐにわかる「売買シグナル」と、過去のデータから未来の値動きを予想する「予測チャート」で、初心者でも簡単に売買のタイミングを知ることができます。

これはどのFX会社が提供する予想ツールすべてに当てはまることである。名称こそは各社によって違うものの、システム自体は同じであるといってよい。

・金融政策
金融政策はFRB(連邦準備理事会)や日銀(日本銀行)といった各国の中央銀行が自国の雇用、物価などを健全にコントロールするために行う政策のことを指します。基本的には記者会見や文章のリリースで公表されるため、経済指標同様に事前に発表のタイミングが決まっており、FX会社の「経済指標カレンダー」でも事前にスケジュールを確認することができます。しかし、緊急度の高い状況においては事前の告知なしに突如会見が行われることもあり、投資家が予想もしていなかったような発言が飛び出せば、相場は大きく動きます。

米ドルにおいては、ワクチン普及期待などから米景気の減速懸念が後退し、米金利上昇とともに米ドルが底堅さを取り戻す展開を予想。しかし、FRBが強力な金融緩和を継続するため、ドル高・円安の余地は限られ、結果として横ばい圏内の動きを予想した。

FX取引において、チャートの分析は重要です。チャート分析の方法とそこから読み取れることについて、詳しく解説していきます。

足元のドル安基調から、年前半に米ドル/円レートの100円割れを想定するも、底入れ感が強まると予想。日米金利差が拡大も縮小もしない公算が大きく、実需フローに大きな偏りがない中で大幅なドル安・円高は進みにくいと指摘した。

為替レートには、一定の流れがあるとされ、チャート上に現れるレートの流れを「トレンド」と呼びます。トレンドは大きく分けると3種類あり、「上昇トレンド」「下降トレンド」「持ち合い(レンジ)」です。上昇トレンドでは、為替レートは上向きに推移していきます。ただし、これは一切下降しないというわけではなく、「ある一定の期間においてレートを上昇させる流れが強い」ことを示すものです。逆に、「ある一定期間においてレートを下降させる流れが強い」状況を下降トレンドと呼びます。そして、揺れ幅はありつつも一定の水準を保ちながら推移していく状態が「持ち合い(レンジ)」です。この3つのうち、「今はどんなトレンドか」を見極めることで売買のタイミングを予測していきます。

ただし、同じ理由から、110円を超える大幅なドル高・円安に振れる可能性は低いとも指摘。年間のレンジは、過去最少となった2019年の8円弱を更新する可能性を予想した(公表日:2020年12月30日)。