banner

未分類

fx チャート 見方

fx チャート 見方

FX取引では、相場の動きを予想することが求められます。相場を読む手法はたくさんありますが、なかでも基礎となるのが「チャート分析」です。

また、チャートは過去の高値や安値を一目で確認でき、それを基準に現在の価格水準が高すぎるのか、低すぎるのか、まだ変動の余地はあるのか、といったことも考えることができます。

FX取引において、チャートは相場を予想するための重要なデータです。そのため、チャートの仕組みや読み方を理解してから、取引を始めるようにしましょう。チャートに関する基礎的な情報と、そこからどのようにして相場の動きを予想するのかについて、詳しく見ていきます。

FXでテクニカル分析をするには、まずチャートの正しい見方を覚える必要があります。ここではチャート分析に関する基礎的な知識を解説します。

ローソク足は、江戸時代のとある相場師が発明した古くから知られているチャートです。ローソク型の棒には、ある単位期間における「始値」や「高値」といった為替変動の軌跡が示されています。

チャートには市場のあらゆる動きが全て織り込まれており、今後の値動きの予測や売買のポイントを探るのに欠かせないツールです。

FX取引において今後の相場を予測する際に用いられる分析手法は大別すると2つに分けられます。一つが、経済活動や資金需給(資金の流れ)の基本的な要因や情報を基に分析を行うファンダメンタルズ分析。そしてもう一つが、チャートやテクニカル指標を用いるテクニカル分析です。一般的にファンダメンタルズ分析が中長期のトレードに適しているのに対し、テクニカル分析は超短期から中長期まで幅広く応用することが可能です。ここではテクニカル分析において主役ともいえるチャート分析の使い方を解説していきます。

FXをはじめ相場分析では「ローソク足」がチャート分析においてよく用いられます。ローソク足をうまく活用することで、相場の動きや値動きなどさまざまなことが分かります。

チャートには主にローソク足、バーチャート、ラインチャートの3種類があり、一般的に使われるのはローソク足チャートです。バーチャートやラインチャートは欧米で使用者が多いのに対し、ローソク足は日本発祥のチャートで世界中に使用者がいます。

FX取引では、売買する通貨の組み合わせとタイミングがすべてです。「どの通貨とどの通貨をどういうタイミングで買う(売る)か」を見極めることができれば、FX取引をより深く知ることが出来ます。しかし、通貨の組み合わせは選べたとしても、売買のタイミングを判断するのは簡単ではありません。そもそも、相場の動きには絶対的な規則性はなく、必ず当たる予想を行うことはできないからです。どれだけ確実そうに見える予想でも、間違ってしまう可能性は十分にあります。だからと言って、大切な資産をギャンブルのように感覚に頼って投資するのは危険すぎます。そのため、チャート分析によって「根拠のある予想」を立てる必要があります。

トレンド系指標としての移動平均線の代表的なものに「単純移動平均線」があります。一定期間の平均的なレートを線でつないだ指標であり、一般的にはチャートに重ねる形で示されます。移動平均線には、平均を取る期間に応じて種類が異なるため、「長期平均線を使うか短期平均線を使うか」はトレードのスタンスなどから選ぶ必要があります。移動平均線には様々な見方がありますが、移動平均線自体が意味を持つ動きをするパターンで代表的なものが2種類あります。1つ目は「サポートライン」と呼ばれ、チャートの動きが移動平均線を下回らない状態です。これは、投資家の「安い価格で購入したい」という意識を反映している状態であり、上昇トレンドが続いていく兆しであるとされています。

すっきりとしていて見やすく、FX初心者のチャート分析にもおすすめです。

ボリンジャーバンドとは、チャートに対して標準偏差と正規分布の概念を当てはめた指標です。値動きが収まりやすい幅を示すものであり、そこから「レートが上昇しすぎである状況」あるいは「レートが下降しすぎである状況」を読み取るために利用されます。ボリンジャーバンドでは、まずチャートの動きの「中心線」を取ります。そこから正規分布の論理を用いて、「σ(シグマ)」という呼ばれる幅で4本の線を引くのです。中心線から1つ上の線が「+1σ」、もう1つ上の線を「+2σ」と呼びます。反対に中心線の1つ下に「-1σ」、その下に「-2σ」です。「+1σ」および「-1σ」の範囲で値動きが収まる確率は約68.2%であり、「+2σ」「-2σ」で収まる確率は約95.4%であると言われています。

チャートというのは、これまでの相場の動きを記録したものです。それは、実際に相場が動いた記録となりますので、「この相場がどのような変化を経験してきたか」を客観的に見ることができるデータになります。「過去はあくまで過去であり、将来の動向とは関係ない」と感じる人もいるかもしれませんが、過去の記録というのは「確かにあった事実」を示すものであり、将来の動きを分析するうえで充分に参考となります。だからこそ、チャート分析について学ぶ必要があると言えます。

また、日本だけでなく、海外でも「キャンドルスティック」の名称で親しまれており、欧米のバーチャートと人気を二分する人気のチャートです。