banner

未分類

fx チャート 過去

fx チャート 過去

では、具体的にMT4でのFX過去チャートの検証方法を説明していきます。

チャートは世界中の投資家が常に売りか買いかを考え注文を出すことによって作り出されていくもので買いたい人が多ければ相場は上がるし、売りたい人が多ければ相場は下がりますよね。

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値をだして、それをつないだ線のことをいいます。
テクニカル指標の中でもっともポピュラーなもので、トレンドの判断など、さまざまな売買の判断の際に使用されます。

なので、あらかじめ過去のチャートを検証し、ある程度優位性があるということを確かめておけば、未来の予想でもある程度有利に立てるということになります。

しっかりと過去チャートのパターンを検証し、「同じパターンが来ればこう攻める」ということをあらかじめ知っておくことで、勝率はぐんと上がるし、パターンが崩れれば損切も素早くできる。

FXを攻略するには、過去のチャートを見て、重要なパターンを頭に入れる必要があります。
一度、上がった波のその後の動きや、下落している波のその後の動きなど、波の目線の確認ストーリーや予測を立てる際にも、これらのイメージを掴んでおくことが必要になります。
ここでは、トレンドの起点や押し目、戻り売り、終焉など、重要なチャートパターンを
掲載します。
(チャートは過去15年間のリアルデータの中から代表的なものを選択しています)
これらは、リアルトレードに入る前に抑えておくべき項目です。

チャートは、いろいろな方法で表現されますが、日本ではロウソク足で表現されることが一般的です。
ロウソク足とは、値動きをロウソクの形で表したもので、4本値(始値、終値、高値、安値)で形成されていります。

投資家がチャートを作り続ける限りは、未来のチャートにも過去や現在と同じような形のチャートが度々現れるのです。

なので、まずは「勝ちやすいパターン」を検証で探しましょう。
パターンを知っていくという統計学的な目線を持ちながら過去チャートを検証するということが優位性を確かめる上で重要なことなのです。

為替チャート・FXチャートとは、過去の為替レートを、価格や時間を軸としてグラフに書き表したものです。
過去の為替レートを視覚化してみることで、相場の流れを把握することが可能となります。
過去をもとに将来を予測したり、見た目の形から今後を予測したり、テクニカル分析を行ったりすることができます。

「お金の不安に終止符を打つ」をミッションに掲げる、金融教育×テクノロジーのフィンテックベンチャーです。「お金の不安」をなくし、豊かな人生を送れるきっかけを提供するため、2018年6月よりお金のトレーニングスタジオ「ABCash」を展開しています。

では、なぜ検証をすれば確かめることができるのか?
その答えは、「チャートは人間が作り出しているものだから」です。

つまり、チャートとは様々な投資家の売り買いの思考が目に見える形で表された集合体であり昔も今も、人間である投資家の脳の根本的な部分は変わっていないので昔も今も同じような集合体になるのです。