banner

未分類

fx チャート 本

fx チャート 本

オズはチャレンジ期間である4週間のトレードについて、そのトレード手法のセットアップ、エントリーからエグジットまで、すべてのトレードプランを公開しています。

FXは専門的な言葉が多く、初心者が上級者向けの本を読んでも分からないことだらけです。理解ができなければ購入して読んでいる意味ないわけで、勉強を進めても途中で飽きてしまうかもしれません。

FX解禁から15年が経ち、入手できる為替の情報は格段に増えましたが、それでもなかなか稼げないという方が多いと思います。
まずポジションのイン・アウトを改善するそれは多くの場合、ポジションを持つタイミング、利食いや損切りのタイミングが悪いということがあります。中途半端なタイミングでエントリーしてもうまくはいきません。やたらとポジションを作っては切るよりも、大きなトレンドの転換点を見つけることの方が重要なのです。そこで本書ではまず、ポジションメイクの仕方や節目となるチャートポイントの見つけ方といったコツに加えて、現在や将来の相場のテーマの捉え方、相場シナリオを作って自分の方向感を持って取引に臨む法など、実戦の相場で稼ぐための対処法を解説し、そのために必要な相場予測のためのテクニカル分析の使い方も盛り込んでいます。

あなたは『トレーダーの精神分析』を読むことで、本当に強いトレーダーになるための学習・訓練のプロセスを知ることができます。

出来高やセクターといった詳細に惑わされずに、レートの動きをシンプルに捉えて押し戻りに素直に対応していく姿勢を本書から学んでいきましょう。

ボクはトレーダーになった2006年頃、トレードに関する本は片っ端から読みまくってきました。

恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する!マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家はいるだろう。しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったとしても、決断力に乏しく失敗を恐れていては、再起不能のミスを犯してしまう可能性が常にあるのだ。実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と矛盾した信念を抱いている。そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

数が多くてなかなか選ぶことができない場合は、アマゾンや楽天ランキングで人気の高いFX本を選ぶとよいでしょう。口コミやレビューが多い本はそれだけ多くの人が購入していて、中でもグッド評価がされているタイプを探しましょう。

通貨ペア同士の関係性がわかれば、ぐっと勝ちやすくなる。多くの通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、互いに影響し合っているため、取引する通貨ペアだけを見ていても動きは予測できません。例えばユーロ円の取引では、少なくともユーロドル、ドル円、ユーロ円の3つの組み合わせを同時に見て、現在どの通貨が主導してユーロ円を動かしているのか、を知った上で戦略を立てる必要があります。ある時はユーロポンドの動きもユーロ円に影響を与えることがあり、他の通貨ペアからの影響も見逃せません。本書では16通貨ペアのトレード戦略を詳細に解説していますが、実戦ですぐに役立つように、取引する通貨ペア別にまずチェックすべき3つのペアの組み合わせを図解化し、互いの動きの関係性と特徴がわかるように詳しく解説しています。

先物をやる前に読んでおきたい名著。
基本中の基本が丁寧に分かりやすく書かれており凄いとしか言いようがない!

経済指標を指し、国・企業の業績や財務状況のことです。国や企業に投資をおこなうということは、その国や企業の現状を知ることはFXを始めるうえでもっとも大事なポイントであり、経済成長率(GDP)や失業率など雇用統計が基本となるでしょう。

この本を読むことで、あなたはこの先いつでも、心強い先輩トレーダーからのアドバイスを受けることができます。

注意点にもあるように、ただ漠然と読み進めるのではなく、「この本から1つでも何かを得る」ということを意識してFXの本を活用しましょう。