banner

未分類

fx 失敗しない

fx 失敗しない

今すぐ始めたい人の世界一!カンタンFX 超円高でチャンス到来 初めてでも失敗しない投資法がみるみる身につく!

「塩漬け」とは投資用語で、「損失が出た投資先を決済しないまま保持し続ける行為」を指します。これは、投資の初心者がしがちな失敗の一つです。FX取引を含め、投資では決済を行わない限り利益や損失は確定しません。損失が発生した投資も、いずれ状況が改善して損失が消える可能性もあります。塩漬けとは、そうした投資先の状況改善を期待する行為だと言えます。ですが、状況が好転する可能性がある一方で塩漬けされた投資先の状況がさらに悪化するというリスクがあるという事も忘れないようにしましょう。

FX取引では、チャートやテクニカル指標はとても重要です。しかし、それらに関する知識が乏しいまま取引を行うことで、失敗に至るというケースもあります。ここでは、チャート・テクニカル指標に関する失敗例と対策について見ていきましょう。

もちろん、実際の資金の時と全く同じ感情というのは経験できませんが、取引が思うようにいかなかった際、反射的にどのような感情になるか、ということを把握することができます。何よりも、資金的なリスクを抱えずに失敗から学ぶことができます。

チャートが語りかけてくる声が聞こえるようになるまで、徹底的にチャートと向き合って下さい。トレンドやテクニカルを読んで、忠実に受け止めることなどは基本中の基本で、足の出方などで、自分から見えない所で何が起こっているか想像できるまで向き合って下さい。(強い上げ(下げ)なのか?騙しなのか?単なる戻り(押し)なのか?)為替が何によって変化するのかをよく考えて下さい。目先のチャートの動きに右往左往しているようでは、トータルとして、決して勝つことはできません。その値段が、適正価格なのか、高いのか、安いのか、、、ファンダメンタルも疎かにしてはいけないと思います。初心者の失敗は、自分の経験上、メンタルに起因することが90%以上だったと思います。知識として蓄積したことを忠実に守ることは、比較的早い段階で実践できていたと思いますが、マイナスの数字を見て冷静さを失い、滅茶苦茶なことをしていたように思います。不動心なんて、たぶん、大きな損失を経験して、乗り越えないと身に付かないのだろうとは思いますが、FXで生き残っている方々は、およそ普通の方々にはないタフネスが身に付いているというか、「今日、資金を半分にしてしまっても、10日で取り返してみせる。」みたいな根性が備わっていると思います。ここに本気で気付けないといけないと思います。

ボラティリティーは、取引を行う時間帯によっても変わります。一般的に日本では昼間を「東京時間」、夕方からは「ロンドン時間」、夜中は「ニューヨーク時間」と呼び、時間に応じて、取引量は異なります。「東京時間は値動きが少なく値幅が望めない」とされており、相場が活発になるのはロンドン時間からだと言われています。そのため、多くの人が夕方から夜中にかけて取引をされる傾向にあります。時間帯による相場の変化や、1日あるいは1週間ごとの相場の動きなどを観察して戦略を練ることで、ボラティリティーの変動による失敗を防ぐことができるでしょう。

FX投資で失敗しない「第3法則」について書きます。これが一番単純で、だから失敗する最大の要因にもなります。実際、このコラムを書いている今(1月28日PM10:20)、評価損益はマイナス32万5000円、証拠金維持率101.51%です。ポジションは「ユーロ/円」の「売り」20万通貨ペアと「エジプトペソ/円」の「買い」1000万通貨ペアです。評価損益はすべてのポジションで、いまマイナスです。昨日までは「ドル/円」の買いポジションで一時一時40万円超の評価損を出し、すべてのポジションを「塩漬け」にしていましたが、昨深夜、風向きが変わり「ドル/円」が円安になり、久しぶりに104円台を回復したため全決済して16万円余の利益を出しました。で、ちょっと相場の動きが不明だったのでスワップ狙いで「ペソ/円」を買ったのですが、なぜか「ドル/円」は円安に、「ペソ/円」は円高に、さらに「ユーロ/円」は円安にと、思わぬ展開を見せたためにいまは評価損が膨らんでいますが、これは一時的現象と見ています。平行移動線は常時動いています。いまは評価損益がマイナスですが、「ペソ/円」の「買いポジション」は平均して1万通貨ペアで4円のスワップ・ポイントが入りますから、私の持っている1000万通貨ペアだと4000円ずつスワップ・ポイントが付きます。1年間寝かせたら146万円になります。私の平均買い単価は5.135円ですから、レバリッジ10倍での投資資金は513万5000円です。評価損益を無視すると、スワップの利回りは年率換算で28.4%になります。こんな高利回りの金融商品はありません。「ペソ/円」の5.135円はチャートで調べていただければすぐわかりますが、かなりの円高水準です。決して「高値掴み」をしたわけではありません。実際19日のAM9:00ころには5.300円をクリアしており、時間の問題で相当の利益を確保できると考えています。要は、チャートの見方を失敗しないことです。3か月くらいの長期レンジと1~2週間の短期レンジを見て、「買い」ポジションをとるなら、その通貨ペアがかなり円高の時、「売り」ポジションをとるなら通貨ペアがかなり円安の時が、それぞれ買い時・売り時になります。なお1時間後の今(PM11:40)の評価損益はマイナス15万円、証拠金維持率は103.80%です。

FX取引に参加している人は、常に一定ではありません。取引に参加している人数が変化することで、価格変動の度合いも変わってきます。こうした価格変動の度合いをボラティリティーと呼びます。ボラティリティーの変動から取引の失敗に至るケースもあるため、変動する理由などを学ぶことが大切です。

FX取引で失敗しないようにするためには、世界情勢についてリサーチをしたり専門用語や各分析方法に関する知識を身につけたりする必要があります。また、取引に臨むにあたりメンタルケアも欠かせません。そして、FXの世界における常識などを身につけておくことも重要です。しかし、あらかじめ勉強してみても、実際に取引をしてみなければわからないこともたくさんあることを理解しておきましょう。

テクニカル分析はとても便利な取引手法ですが、頼りすぎるのも問題につながります。複数のテクニカル指標を組み合わせて利用したために、取引に失敗する例もあるからです。相場予想の精度を上げようと複数のテクニカル指標を用いた結果、異なる売買タイミングが複数表示されてしまい、取引の判断に迷って損失が出てしまうケースもあります。テクニカル指標にはそれぞれ特徴があり使える状況も異なります。FX取引になれている人は、何種類もテクニカル指標を使ったりしません。テクニカル分析をする場合には、それぞれの指標が持つ特徴を理解したうえで、自分に合ったものを1~2つ利用するのが適切でしょう。

ここからは、FXで失敗しがちな人の特徴を3つ見ていきましょう!