banner

未分類

fx 税金 申告

fx 税金 申告

確定申告が必須であるシチュエーション以外では、少々判断が難しいかもしれません。また、繰り返しにはなりますが、確定申告が必要ないとしても株・FXの利益がある以上は住民税の申告が必要となりますので、忘れないようにしましょう。

このケースでは「50万円−90万円−80万円=▲120万円」となり、「申告分離課税」の対象内ではトータルでマイナスです。そこで、確定申告を行うことによって、その状況を税務署に把握してもらいます。一方、翌年は「みんなのFX」で40万円の利益、取引所FX(くりっく365)で20万円の損失、日経225先物取引で20万円の利益だったとすると、この年だけで単純に収支を行えば「40万円−20万円+20万円=40万円」のプラスです。しかし、前年の120万円という損失を繰り越すことで、トータルでの収支では▲80万円と計上できます。

こうして国税庁のホームページで作成した書類をプリントアウトし、添付書類や マイナンバー書類のコピーなどとともに郵送すれば、確定申告の手続きは完了します。また 個人番号カードに組み込まれている「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」を取得していれば、より手軽に「e-Tax」で申告を済ませられます。

なぜなら、損益通算を行うことが可能だからです。損益通算とは、一定期間内に得られた利益から損失を差し引くことで、納めるべき税金を抑えることができます。

確定申告書の作成と言えば、かつてはかなり複雑で難解な作業だというイメージがありました。しかし、今は国税庁のホームページ内に設けられている「確定申告書作成コーナー」を 利用すれば、ガイダンスに従って入力するだけで簡単に申告書を作成できます。

税金を納めすぎていた場合には、税務署内の手続きが完了次第、指定した金融機関の口座に還付されます。申告期限直前に駆け込むと、還付金の入金も遅くなるので注意しましょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引で獲得した利益は、FXと同じように雑所得です。一方で、仮想通貨取引による利益は株・FXのように申告分離課税ではなく、ほかの所得と合算する「総合課税」の対象となります。そのため、ふるさと納税控除上限額の計算も、株・FXの場合とは異なります。

確定申告書Bの第三表(分離課税用)は、分離課税の所得があるときに使う書類です。

外国為替証拠金取引による利益は、雑所得として「申告分離課税」になります。

そのため、ふるさと納税の控除額を増加できる一方で、納税額も増加してしまうことになります。確定申告が義務ではない給与所得者は、総合的にどちらがご自身にとって有利な選択になるかを検討しましょう。

所得には「給与所得」「譲渡所得」「事業所得」「雑所得」等10種類の区分があります。株式の譲渡は基本的には「譲渡所得」FXの取引は「雑所得」に分類されます。加えて株・FXの税額には「申告分離課税」が適用され、ほかの所得とは分離して算出します。

FXで利益を得ている場合は基本的に確定申告の義務があるが、不要になるケースもあるので確認しておこう。

ただ、FXで得られた為替差益やスワップポイントは、他の「雑所得」とは税制上の扱いが異なっています。前述の9分類の所得や他の「雑所得」とは切り離して税額が計算される「申告分離課税」の対象となるのです。

上場株式等の売買で源泉徴収ありの特定口座を利用している場合に限り、確定申告を申告不要とすることができ、利益を出しても保険料を算出する所得としては加算されません。

また、このルールで勘違いしやすい点が2つある。給与収入が2,000万円を超える場合は確定申告が必要となり、条件を満たしている場合でも所得税の納付は必要ないが、住民税の納付が必要になるので住民税の申告が別途必要になる。