banner

未分類

fx 税金 いつ払う

fx 税金 いつ払う

また、配当金を受け取った場合は、配当金に対しても税金がかかります。ただし、こちらは原則源泉徴収課税となるため、配当金を受取るとき、自動的に税金が天引きされています。配当金に対する源泉徴収税率は、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)です。

また、海外FXには損失の繰り越しができないというデメリットもあります。課税対象となる損益は1年サイクルで確定するため、前年にどれだけ損失があったとしても、翌年に得た利益に対してのみ課税され、税金を抑えることができません。

仮想通貨にかかる税金を説明する前に、まずは確定申告とは何なのかを説明していきます。すでに知っているという方は、飛ばしていただいて構いません。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

FX取引を行う際には、税金についての基本的な仕組みを理解しておくことが大切です。個人口座の場合、税金は、まだ決済を行っていない利益(もしくは含み損)には課税されません。また、確定申告の義務がない場合でも、損失繰越の適用を受けるためには毎年確定申告を行うことが必要です。FX会社より発行される報告書をきちんと忘れずに確認し、正しく申告を行うことが大切です。

株式のように特定口座(源泉徴収あり)で確定申告不要を選択すると、社会保険料の支払額を決めるための総所得金額に株式利益が算入されません。また、税金関係もそこで終了するため、住民税決定通知書にも確定申告しない限り掲載されません。

この確定申告の手間を簡略化するのが、特定口座です。特定口座は「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類あり、「源泉徴収あり」にすると、確定した利益から税金が自動的に天引きされます。証券会社が代わって納税しますので、原則、確定申告の必要はありません。「源泉徴収なし」にすると、自分で確定申告しなければなりませんが、証券会社が年間の売買損益を計算し、「年間取引報告書」にまとめられます。これがあれば確定申告の手間をグッと省けます。

FXでの損益に関しては確定申告が原則として必要になってくるため税制に関する内容を確認しておきましょう。税金がいくら発生するのかを把握するために、税金に関する基礎知識を身につけておくことが大切です。今回はFXの税金について解説します。

今後、仮想通貨が一般的に普及し、税金面でなんらかの優遇措置が取られるようになることを祈るばかりです!

FX取引に係る税金は、申告分離課税が適用されます。得られた利益に対して、「所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%」が課税されます。申告分離課税であればどれだけ利益をあげたとしても、一律で20.315%となります。先物取引やその他の金融商品の取引とも損益通算ができ、損失の繰越控除は3年間可能です。

また、申告漏れなどが無いように、複数の口座を持っている方は全て入念にチェックし、漏れの無いよう申請しましょう。故意ではなくても、漏れがあった場合は倍近い税金を払わなければ行けません。せっかく頑張って稼いだ利益ですから、最後の締めまで気を抜かずに申告しましょう!

これに加えて、国民健康保険料には配当控除が影響してきます。株取引もしくは投資信託、FX取引などで配当が出た場合に配当控除を受けることができるのです。配当控除とは配当された所得に対して課されている税金20.315%を戻してもらう手続きです。

FXでかかる税金は、雑所得に対して一律で20.315%(所得税・住民税・復興特別所得税の合計)が課税されます。どのようなケースで課税されるのかをFX以外で所得がある場合とない場合について解説していきます。

一方の申告分離課税の場合は、利益を得た本人が確定申告によって税金を納める必要が生じます。つまり源泉分離課税を選択しておくと利益が出た際の株式配当に対する源泉徴収を証券会社が行った上で特定口座に入金してくれます。

一方、株式取引では特定口座(源泉徴収あり)といって、証券会社が損益を計算し、利益が出ればその場で税金を差し引き、(同じ証券会社での取引なら)損を出せば税金が還付されます。他の証券会社と損益通算したり、損失を繰越控除する場合を除き確定申告も不要です。