banner

未分類

fx チャート おすすめ スマホ

fx チャート おすすめ スマホ

また、スマホの場合、通信環境によってはレートやチャートに遅れが生じるケースもあります。例えば、電波の状況が悪い場所で取引したりすると、リアルタイム更新であっても、きちんと動作しないケースがあります。そのため、通信環境の良い場所で取引することが重要です。

比較チャートで過去のチャートの推移から今後の値動きを予測したり、アラート機能で設定した取引のタイミングを通知してもらえたりするのが魅力です。

例えば、「スマホでゲームや動画鑑賞はしないから」と、データ容量の上限が小さいプランに加入していた場合、通信制限がかかったり、料金が高額になる可能性もあります。自分の加入プランを確認し、データ容量が小さいようであれば、データ容量を増やすようにプランを変えることがおすすめです。

FXはスマホでも取引でき、スマホでのトレード環境は以前に比べるとだいぶ改善されています。カスタマイズ性を高めつつも必要な機能はきちんと残し、トレーダーにとって使いやすいよう、各社工夫してます。

MetaTrader 4 iPhone/iPad版を使用して何百ものブローカーとつながり、金融市場で取引しましょう。モバイル取引プラットフォームでは、テクニカル指標やグラフィックオブジェクトを使用して、取引操作を実行したり通貨相場を分析したりすることができます。取引• リアルタイムの金融商品の相場• 指値・逆指値を含む、豊富な取引注文• チャートからの取引(iPad)• 完全な取引履歴利便性• 高速のチャート動作• チャートのカラー設定• チャートオブジェクトの性能やインディケータの設定• 1つのウィンドウに4つのチャートを表示(iPad)• 指値・逆指値注文の価格やチャート上のSLやTPの値の一覧の為のトレードレベル• 注文、取引履歴、メール、ニュース、ログを表示する情報ウィンドウ(iPad)• サウンド通知• 経済ニュース―毎日多くのデータを配信• 他のトレーダーとの安全で迅速なチャット、グループチャットとチャンネルの作成• MQL5.communityサービスやプラットフォームデスクトップからのプッシュ通知サポートテクニカル分析• リアルタイムでのスクローリングとスケーリングによる相場のインタラクティブチャート• 30の最も人気のあるテクニカルインディケータ• 24の分析オブジェクト:ライン、チャンネル、図形とギャンツール、フィナボッチとエリオット• 9種類の時間足:M1, M5, M15, M30, H1, H4, D1, W1 ,MN• 3種類のチャート:バーチャート、ローソク足チャート、ラインチャートMetaTrader 4をダウンロードして通貨市場で取引しましょう。

なお、スマホアプリについては「【おすすめFXアプリ3選】スマホで使いやすいFXチャートを徹底解説!」でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

LION FXとは、ヒロセ通商がリリースした最新のFXスマホトレーディングツールです。FX会社としても有名なヒロセ通商が運営しているため安心感があります。

アプリのアイコンをタップタッチすればFX取引を行うことができるので、スマホゲームをやっているかの感覚です。

FXのチャートは、短い時間軸ほど「瞬発力・対応力」が問われます。例えば5分足をメインとした短期トレードでは、さまざまな通貨ペアやテクニカル指標を参考に短時間で戦略を立てる必要があります。

なお、スマホは縦画面表示だとチャートが見にくく、トレンドラインを描画しにくいこともあります。そのため、チャートの横画面表示に対応しているアプリがベター。画面を大きく使ってチャート分析ができるのでおすすめです。

トレンドラインなどの「描画機能」もチェックしましょう。描画機能があれば、株価チャート上に指でなぞって線を引き、傾向を分析することができますよ。線を引くだけなので初心者でも簡単です。

また、最近のスマホアプリはテクニカル分析ツールも豊富なため自分に合うツールを利用することがです。

文字の大きさやラインの太さなど細部までカスタマイズできるので、自分にとって見やすく使いやすい画面に設定してみるのがおすすめです。