banner

未分類

fx チャート 分析

fx チャート 分析

「Exチャート」は、ボリンジャーバンドやスパンモデル、GMMAといった36種類の人気のテクニカル指標を利用できるソフトです。

比較チャートで過去のチャートの推移から今後の値動きを予測したり、アラート機能で設定した取引のタイミングを通知してもらえたりするのが魅力です。

FXの場合は、4本値で重視するのは高値と安値。
高値更新か安値更新か。
朝一で、高値安値の抜けを確認すれば、相場分析ができる。
ローソク足2本の組み合わせを覚える。
1,高値更新で安値切り上げ2,高値更新かつ安値更新3,安値更新で高値切り下げ4,高値も安値も更新せず。
ダウ理論の高値安値は、左右の飛び出した高値安値。それを組み合わせると方向性がわかりやすい。多数派についていく。安易に逆張りしない。特にFXでは。
値動きについていくつもりで。
損切りポイントは、前か前々の安値を切るライン。
さらにレンジブレイクすれば、損切ラインをずらす。過去の高値安値は節目になる。
指値注文ではなく逆指値で入る。相場の流れに反しない。逆指値の注文を上下にいれる。反対に損切りを入れる。レンジ内で推移しているときは取引しない。
レンジブレイク後に止まったら、上下に逆指値の注文を置く。またブレイクすれば買い増し。
損切り幅が大きすぎると思ったら、そもそもエントリーしない。
時間軸を変えてみて、ほんとうにブレイクかを確かめる。
かならずレンジはブレイクする。レンジ相場の真ん中でニュースが出てもそう簡単には相場は動かない。ファンダメンタルズでは動かない。損切り注文を置いたら見守るだけ。またレンジブレイクしたらポジションを上乗せする。
高値を更新したら、損切を移動する。値動きが難しいと感じたら、元となるレンジを探す。たいていはレンジ相場。
広いレンジになったら取引を休む。
レンジの期間が長くても、必ずブレイクする。フォーメーションを覚えても、売り手と買い手の力関係がわからなければ、現実を理解できない。

「プラチナチャートプラス」は、多彩な機能や軽快な操作感が魅力のチャート分析ソフトです。高いデザイン性も兼ね備えているので、気分良く取引を進められるのが特徴です。

最大6種類のチャートを一括表示できるだけでなく、通貨ペアやチャートの表示期間を一括変更できるので、スムーズなチャート分析や取引が可能です。

テクニカル分析にはトレンドを認識したりまたはその発生を予想する「トレンド系」と、買われ過ぎや売られ過ぎを判断する「オシレーター系」の2種類に分類できます。

今回の記事でわかること元為替ディーラーが厳選したおすすめFX本各分野(入門、テクニカル分析、資金管理など)のおすすめ本F…

トレーダーとして働いていますが、自分にはいわゆる自己売買の才能は全くない様子。
そのため一から勉強し直そうと色々な本を読んでいる最中の中の一つ。ローソク足を使った原始的でオーソドックスなトレード方を具体例を交えて解説。自身でもこう言ったら基礎基本が足りていないと感じていたのでとても参考になった。
ローソク足を読み取れるようになるまで本書を読み返してトライアンドエラーを繰り返していきたい。★高値安値の実数を把握しておく事の大切さ(チャートの形だけ見ていませんか?)は反省すべき点だった。最後の方でトレンドラインなどへのことを触れられていた。安易にトレンドラインを引いていたがこちらも改め直すいいきっかけとなった。

ローソク足チャートは指定した一定の期間の値動きを次の図のように四角(実体)と上下に伸びる線(ヒゲ)を用いて表示します。

これらの機能をうまく利用すれば、FX初心者でもチャートの動きを把握しながら取引を進められるでしょう。こうしたチャートでの分析を補助にかけては、ヒロセ通商が随一と言ってもいいでしょう。

初心者の方には相場のトレンドを視覚的に捉えやすい移動平均線がおすすめです。まず日足のチャートで短期5・中期25・長期75移動平均線を表示して現在の価格の位置を確認し、方向性をざっくりと捉えましょう。右肩上がりのチャートで移動平均線が上から順に短期>中期>長期の順で並んでいる状態を「パーフェクトオーダー」呼び、比較的信頼度の高い上昇トレンドと言えます。逆に右肩下がりで上から長期>中期>短期の順であれば下落トレンドと言えるでしょう。このようなトレンドが出ているタイミングでは順張りでポジションを取り、移動平均線が短期間に何度も交差している場合はトレンドが出ていないと判断してオシレーター系のストキャスティクスなどと組み合わせて逆張りのタイミングを狙うのがよいでしょう。また、通貨特性も相場予測で重要になるため、最初のうちは取引する通貨ペアを絞って分析することをおすすめします。