banner

未分類

fx 地獄 主婦

fx 地獄 主婦

目先の2万円に釣られてそういう行為をしてはいけません。会社の名義でやるという事は、失敗すれば会社の負債になりますし、成功しても様々な会計処理が発生しますよ。貴方が想像しているより相当大変です。また名義貸しの問題もあります。そもそも大きく稼ぎたいのなら個人でも可能ですし、自分で会社を立ち上げればいいだけです。そのご友人はリスクを休眠会社に被せていいとこ取りをしようとしているだけです。良い友人ではありません。もう一度言いますが、決して貸してはいけません。というか使いもしない会社なんて解散してしまいなさい。余計なことに利用されかねません。他人は他人です。その羨ましいという心が貴方を地獄に引き込みかねません。ご注意下さい。ああ、それと、相場に絶対なんて事はありえません。貴女のご友人がそれを分かってなくてFXをやっているのなら、近い将来痛い目に会うでしょう。

FXのことでお尋ねします。 58歳の主婦ですが、長年株の投資で稼いでは、海外旅行や買い物を楽しんでいる同じ年で、同性のお友達のことをずっと羨ましい気持ちで、憧れていました。今年になって、その人がFXで損をしないコツがやっと分かったので、大きく稼ぎたいので、休眠状態になっている私の亡父の会社の口座を貸して欲しいと頼まれました。「貴女は素人だから、何もしちゃダメよ、必ず損するからね。やるのは私だけ。口座の借り賃を毎月2万円払うから、お願いね。絶対、迷惑はかけないから」と言われています。ずっと憧れてきた人なので、できたら貸してあげたいのですが、FXで地獄を見たなんてことを聞いたりしますし、会社の口座を貸して、大きくやって大きく損をした時、会社の持主に大きな責任がかぶさってくることとか、大変なことにならないでしょうか?どなたかFXの経験をお持ち方のお知恵をお貸しくださるととても有難いです。夫は昨年末に定年を迎え、年金生活を始めたばかりです。どうぞよろしくお願いします。

西原理恵子師匠がリーマン・ブラザーズが破綻する三日前にFXに1千万つぎ込んで吹き飛ばした壮絶な記録です。シロウトがレバレッジ200倍という狂気の世界に足を踏み込む理恵子師匠の侠気にカンパイです。僕の好きな漫画家に西原理恵子と言う人がいる。僕は彼女のことを畏怖と尊敬の念をこめて
「姐さん」
と呼んでいる。実は一回、僕は彼女に会っている。それは夫である鴨志田穣氏が癌で逝去した折に彼女の計らいで故人をしのぶお別れ会を開きたいといっていたので、僕は当時勤めていた会社の社長とケンカしてまでここに参加した。思ったよりも彼女は小柄で、献花する葬列者に対して、一人一人丁寧に頭を下げていたことがとても印象に残っている。 これは、あるFX(外国為替証拠金取引)の会社の企画で彼女自身が外国為替証拠金取引で相場を張って、それを漫画にするというものでウェブサイトに当時掲載していたものを単行本にしたものだった。最初にこの企画を聞いたときに私はパソコン画面の前でエヴァンゲリオン(新劇場版ではヱヴァンゲリヲン)の碇シンジ君がダミープラグによって暴走した初号機によって使徒化した三号機を凄惨に解体され、最後に親友のトウジ(新劇場版ではアスカ)が乗っているエントリープラグを握りつぶす(新劇場版では噛み砕く)時のように叫んだ「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」と。彼女は若いころ、マージャンをはじめとするさまざまな博打で負けた合計が彼女いわく
「5000万円以上は負けてます」
だそうで、今回のこの企画では
「久しぶりに体を張って笑いを取りたかった」
という理由で自分の夢であるアトリエの手付金1000万円をかけてレバレッジ200倍という狂気の大勝負に出たのである。はっきり言って、狂っているとしか言いようがない。相場の「そ」の字も知らない人間が数ある相場の中でも最も難しい(と僕は勝手にそう思っているが、それが間違っていないと固く信じている)為替相場に乗り込んでいくというのは正気の沙汰ではないとしかいいようがない。そして、彼女が相場を張ったその三日後に投資銀行のリーマン・ブラザーズが経営破綻し、その後はご存知のとおり世界経済は未曾有の危機に陥っていくわけである。当然、彼女が張った1000万円は泡のように消えていった。しかし、転んでもただではおきないのが我らがサイバラリエコ。この経験を漫画にして、なおかつNHKスペシャル
『マネー資本主義』
にゲストとして出演したのだった。僕は必ずこの本を買うだろう。それがミセス・ワタナベ(外国為替証拠金取引で儲けた日本の主婦たちのことを欧米ではそういっていたことがある)になり損ねた彼女に対するせめてもの敬意を表して。