banner

未分類

fx チャート 分析 アプリ

fx チャート 分析 アプリ

「HyperSpeed Touch」では、他社のスマホアプリと同様、「チャート画面からの発注」が可能です。しかも、リアルタイムで更新されるチャートを見ながら新規・決済同時発注ができます。

取引結果を分かりやすくグラフ化し分析が可能!
多種多様な取引データを「ビジュアル化」することで問題点が一目瞭然!
レベルアップに最適な分析ツールです。

このようにチャートの見やすさやわかりやすさが配慮されたアプリの設計によって、これからFXを始める人でも使いやすいアプリになっています。

特に、楽天証券の「iSPEED」は8社の中で唯一、口座がなくても気軽に利用できる(口座未開設の場合、機能制限あり)。それ以外のネット証券の株アプリは口座開設が利用の条件になるが、どの株アプリも利用料はかからない。気になる株アプリがあれば、口座を開設してインストールしてみてはどうだろうか。

SBI FXトレードの取引ツールはバージョンアップを経て「リッチクライアントNEXT」として新登場。29種類のテクニカル分析機能を搭載し、描画ツールは21種類と豊富です。チャートパネルを含め、プライスボードや注文パネルなど複数の情報を表示可能で、それらの配置を自由にカスタマイズ可能。マルチモニターでの取引にも対応しています。

損益の時系列グラフや損益の比率などのデータを確認することができる「LION分析ノート」を活用すれば、自身の取引パフォーマンスが向上するかもしれません。

そして、LIGHT FXの取引ツールでは「売買比率」を見られるのもポイントです。みんなのFXのチャートツールにも搭載されていましたが、売買比率ではLIGHT FXで取引しているユーザーのリアルな注文状況を知ることが可能。FX初心者の方にとっても、他のトレーダーがどんな注文を行っているかは参考になります。

Exチャートはシンプルな作りであり、かつ操作性が非常にスムーズ。チャートの追加表示やチャートの拡大縮小操作など、ストレスなくお使いいただけます。また、複数表示したチャートをワンクリックで整列させられるのも嬉しいですね。とにかく使い勝手がいいです。

スーパーボリンジャーやスパンモデル、さらにはスーパーボリンジャーとスパンモデルの合成チャートなども提供されているのが特徴です。

ヒロセ通商のスマホアプリ「LION FXアプリ」では、シンプルながら高機能なチャート機能を搭載しています。テクニカル分析機能が充実しており、特にトレンド系の種類が豊富です。

GMOクリック証券のアプリはパソコン用ツールに引けを取らない高機能チャートとなっています。

株アプリの中では、楽天証券、SBI証券、auカブコム証券、DMM.com証券の4社で、会社四季報のデータを見ることができる。さらに楽天証券やDMM.com証券では、業績の進捗状況や業績予測、アナリストのコメントまで見られる。