banner

未分類

fx チャート 分析 ソフト

fx チャート 分析 ソフト

異なる通貨ペアでの比較や、同一通貨ペアの異なる時間軸の比較がしやすく、より高度な分析が可能となります。

チャート上をタップすると始点を設定できるので、次にチャート上の終点となる場所をタップすればラインが描画されます。

SBI FXトレードの取引ツールはバージョンアップを経て「リッチクライアントNEXT」として新登場。29種類のテクニカル分析機能を搭載し、描画ツールは21種類と豊富です。チャートパネルを含め、プライスボードや注文パネルなど複数の情報を表示可能で、それらの配置を自由にカスタマイズ可能。マルチモニターでの取引にも対応しています。

また24時間稼働している外国為替市場では、いつ取引チャンスが訪れるかわからない中、GMOクリック証券はパソコンだけではなく、スマホアプリやモバイルなど多彩なシーンで取引できるツールを提供、「使いやすく初心者でも安心」と好評です!

多くのテクニカル指標は、特定の指示の下で適応化することが可能な様々な設定を持っています。分析パラメータや見た目を調節することができます。例えば、移動平均の計算期間を変更したり、その線の色や太さやタイプを変えることができます。

YJFX!ではExチャートに加えて「MT4」も分析専用ツールとして提供しています。YJFX!にて口座を開設すれば無料で使用可能。分析専用ツールですので発注には対応していませんが、世界中で支持されるMT4が使えるのは大きなメリット。

なお、パソコン環境でトレードする場合は取引ツールとは別に一部のFX会社が提供しているチャートソフトを併用してチャート分析しながら取引する人が多いです。

PCと違ってスマートフォンは日常から持ち歩いている方も多く、プッシュ通知はチャートを常に起動していなくてもすぐに情報として自分に届くので便利です。

多機能なチャートツールもいいけれど、それよりもとにかくシンプルなツールを使いたい!という方にはYJFX!の「Exチャート」がおすすめです。Exチャートはチャート分析以外の機能を備えておらず、チャート分析に特化したツールとなっています。31種類のテクニカル分析に対応しており、10種類の描画ツールに対応。チャートの分割表示は最大6分割が可能です。

しかし、高機能チャートの場合、トレンド系の指標も同時表示が可能なため、一目均衡表のシグナルをチェックしながら同時にボリンジャーバンドのシグナルもチェックするなど、それぞれのテクニカル分析を応用した手法を採用することも可能です。

ラインの始点・終点がローソク足の高値・安値に吸い付くマグネット機能や、指で押さえている部分が拡大表示される虫メガネ機能を兼ね備えている上、描画したラインはチャート上に保存されます。