banner

未分類

fx チャート 分析 ツール

fx チャート 分析 ツール

どんなに優れた機能を備えたチャートでも、複雑だといずれ使わなくなります。複雑なテクニカル分析をするなら別ですが、長く勝つやり方は至ってシンプルな場合が多いです。あなたのやり方が極めて複雑なやり方でなければ、チャートはシンプルなものがおすすめです。

自分に合ったチャートを探すためには最初が大変ですが、一度見つけてしまえば、あとはトレードに専念できます。妥協せずに色々なチャートを比較検討し、ストレスがないトレード環境を手に入れて下さい。

株式などの株価チャートを見てみると、チャートの下に出来高を示す棒グラフがある場合があります。その期間内にどれだけの取引量があり、その取引がどのような値段の推移を示したか、チャートと取引高を絡めた取引戦略として用いるケースがままあります。しかし、FXでは出来高を確認することができません。これは、為替市場は株式市場と異なり、取引量・取引参加者が多いためその全体像を把握することが難しいからです。また、仕組みの面においても株式取引が取引所取引で取引の全容を把握できるのに対し、FXの為替取引は相対取引で取引の全容を把握できない点にその理由があります。

シンプルなチャートで、足種13種類、テクニカル指標が29種類と、チャート分析に必要な機能が備わっています。

また、ダウンロード版取引ツールの特徴的な機能として「取引分析」にもご注目を。これはその名の通り、トレーダーの取引履歴を振り返り、分析するためのツールです。日別、直近、月別、年別と4パターンの期間ごとに決済損益・売買損益・スワップ損益・時間帯別スポット損益・通貨ペア別スポット損益の情報を表示させられます。取引データを客観的に分析できるツールを使いたい方におすすめ。

テクニカル指標とは、テクニカル分析を行う際にチャートの中に組合せて使用する指標のことを指します。チャート分析だけでは見えてこない相場の買われすぎや売られすぎといった過熱感、売買のタイミングなどを簡単に確認することができます。テクニカル指標は有名なものから自分で計算・開発したものまで星の数ほどあり、自分に合ったテクニカル指標を見つけることも重要です。テクニカル指標にはトレンドの方向をわかりやすく示すトレンド系と、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系があります。これらは単体で使う場合もあれば組合せて使うこともあります。

もちろん、その他の分足や時間足もあり、デイトレードや中・長期トレードをしたいヒトにも、おすすめできるFXチャート分析ソフトです。

また、チャートツールとは違う部分ですが、YJFX!が持つツール以外のメリットも要チェック。業界最狭水準スプレッドで取引できること、トルコリラ円やメキシコペソ円のスワップポイントが高水準であること、さらに取引すればするほどPayPayか現金が貰えるお得なキャンペーンもおすすめです。

マネーパートナーズのメイン取引ツールは、「HyperSpeed NEXT」です。業界でもトップクラスに高機能なチャートです。

FXブロードネットfor iPhoneは、ログイン不要で為替レートとチャートが閲覧できます。ログイン不要なので、急なニュースや出先で時間が取れないときなど即座にレートを確かめられます。

MT4なら、すぐに形にすることができます。他のチャートソフトでも作れるものはありますが、MT4が一番メジャーで、簡単に作成できます。カスタムインジケータを作るから勝てるわけではありませんが、アイデアを形にするプロセスには、一貫性のあるトレードルールを作る作業に通じる部分があります。

「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析」のチャートは、選んだ通貨ペアの現在のチャートの形状を元にして過去のチャートから似ている時期(時間帯)を探し、将来の値動きを予測。
未来の為替レートの動向を予測する機能を搭載しています。