banner

未分類

fx チャートの見方

fx チャートの見方

FX取引において、チャートは相場を予想するための重要なデータです。そのため、チャートの仕組みや読み方を理解してから、取引を始めるようにしましょう。チャートに関する基礎的な情報と、そこからどのようにして相場の動きを予想するのかについて、詳しく見ていきます。

トレンドラインとは、ローソク足チャートにおいて、ローソク足の高値同士あるいは安値同士を結んで引く線です。テクニカル指標が特別な計算を行わなければいけないのに対し、トレンドラインはチャートがあれば自ら線を引くことができます。トレンドラインを引くことで、チャートだけでは読みにくいトレンドの変化を把握しやすくすることが可能です。

チャートパターンとは、チャートのなかによく現れる決まった形のことであり、今後の相場の動向について予想しやすいとされる状態を指します。「天井のサイン」「底値のサイン」「持ち合い解消のサイン」の3つに大別され、現在や将来のトレンドを予想する参考になります。それぞれのサインには、いくつか有名なチャートの形があるため、あらかじめ記憶しておくと良いでしょう。

FXを取引する際にチャートがなくてはならない理由について詳しく見ていきましょう。

FX取引において、もっとも重要とされているのはチャート分析です。為替レートの動きを表すチャートの見方を身につけ、そこから「トレンド」を見極める必要があります。トレンドを判断できるようになれば、売買タイミングを見つけられるようになります。

FX取引では、売買する通貨の組み合わせとタイミングがすべてです。「どの通貨とどの通貨をどういうタイミングで買う(売る)か」を見極めることができれば、FX取引をより深く知ることが出来ます。しかし、通貨の組み合わせは選べたとしても、売買のタイミングを判断するのは簡単ではありません。そもそも、相場の動きには絶対的な規則性はなく、必ず当たる予想を行うことはできないからです。どれだけ確実そうに見える予想でも、間違ってしまう可能性は十分にあります。だからと言って、大切な資産をギャンブルのように感覚に頼って投資するのは危険すぎます。そのため、チャート分析によって「根拠のある予想」を立てる必要があります。

チャートが相場分析に活用される理由は、いくつかありますが、代表的なものとしては投資家の群集心理が反映されやすいということが挙げられます。投資家は、個人投資家から機関投資家まで、みんな同じチャートを見て売買の判断を行います。つまり、多くの投資家が似たような価格帯を売買のポイントとして意識しているため、時に大量の買い注文または売り注文が集中し、相場が大きく変動することもあります。

テクニカル分析は、FXで勝つには必要不可欠な物とも言えますが、種類も多く複雑です。チャートそのものを理解できないと、テクニカル分析も使いこなせません。その基本から始めるとして、ここでは簡単にチャートそのものを説明です。

FXで取引を始めるときには、チャートの見方を理解しておく必要があります。チャートはFXの上級者でもチャートを見ないと怖くて取引ができないという方も多くいます。チャートは、自分で作成しなくてもFX会社のサービスで、無料で使えるので簡単に利用できます。ここではチャートとはどのようなものかを詳しく説明します。

チャートとは価格の動き、つまり値動きを表したグラフのことを指します。FXのみならず株価でも過去の動きをグラフ化したチャートが用いられます。冒頭にも述べた通り、チャート分析はテクニカル分析の一つで、過去の値動きや価格の推移、またその位置関係から相場の動きを認識・予測します。

FX取引において、チャート分析は多くのトレーダーが用いている手法です。基本的な理解があるかないかで、トレードの仕方にも変化が出てきます。まずはFX取引を始めるにあたり、どうしてチャート分析が必要なのかを解説します。

このチャートは、コロナショックに見舞われた2020年前半のNZドル円日足に2本の移動平均線(5SMAと25SMA)を表示したものです。

巷で話題のFX。FXとは「外国為替証拠金取引」のことで、簡単に説明すると外国のお金を売買して、出た差額を利益として稼ぐものです。少額からFX取引できることや、すき間時間を利用してチャートの確認ができることから、主婦でもFX収入が得られると言われています。主婦がFX取引をする際は、事前にFXの基礎知識や用語を学んだり、口座の開設をしたり、入金をしたりする必要があります。FXで成功すれば、月収10万円も夢ではありませんが、得た利益が年間38万円を超えると所得税の確定申告が必要になります。また、130万以上稼いでしまうと旦那さんの社会保険に入れなくなってしまうことや、扶養手当が止まってしまうことが考えられるので注意しましょう。

チャートで表されるものは、主に2つです。1つ目は縦軸によって示されている「為替レート」であり、「2種類の通貨を交換する場合の比率(価格)」です。たとえば、USD(米ドル)/JPY(日本円)のチャートであれば、「ドルを円と交換する場合、1ドルはいくらになるか」が表されています。2つ目は横軸で示される「時間」です。チャート全体としては「ある時期に為替レートがいくらになっていたか」を読み取ることができるデータになっています。

トレンドを知るにあたってチャートパターンも覚えておきましょう。チャートは毎回動きが違うのでローソク足の並びの形状がよく変わります。それでもある程度のパターンがあって、上級者になるとそのパターンの形状をノートに記載して、毎回確認したりしてパターンに沿った値動きを予測して取引に利用しています。