banner

未分類

fx 公務員

fx 公務員

公務員は高い社会的な信用があります。それを失墜させないように注意することも大切です。たとえば、FX投資をするために友人や親戚から多額の借金をする。「公務員の自分でもやっているから安心だよ」といった公務員の信用を利用してFX投資に勧誘するといったことをしてはいけません。また、FX取引サイトの中には法律に違反している可能性があるあやしげなものもあります。そのようなサイトを利用すれば公務員の信用の失墜に繋がることもあるでしょう。FX投資をする場合は取引会社もよく吟味することが重要です。

この記事では、公務員の方の副業としてFXが適している理由についてまずご説明します。また、公務員の方がFXをされるうえで注意が必要なポイントや、お勧めのトレードスタイルについてもわかりやすくご説明します。

株式やFXなど投資で財産を殖やしたいと考えている方は多いものです。しかし、投資は副業に当たるのではないか?と悩んでいる方もいます。特に、公務員は「副業禁止」の決まりがあるので、FX投資に興味があるものの、手が出せないという方もいるでしょう。FXや株は資産運用なので副業にはあたりません。公務員が行っても大丈夫です。ただし、職務専念の義務や信用失墜行為の禁止、守秘義務など投資を行うにあたり注意しなければならない法律もあります。また、一定の利益が出た場合は確定申告が必要です。公務員は職場環境と収入がことから、FXや株式、不動産投資などの資産運用をするのに適した職業です。その一方で、一般的な会社員より注意しなければならないこともあります。法律だけでなく、利益が出た場合の確定申告や年末調整の方法も覚えておきましょう。

給与が下がっても、公務員は倒産もなく一生働き続けられるというイメージがありますが、これも今後どうなるかは分かりません。

FXは投資であり、副業ではありません。ですから、公務員が行っても大丈夫です。「副業と投資は何が違うのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。副業の定義ははっきりと定まっていません。そのため、FX取引を副業にカテゴライズしている本やサイトもあります。しかし、FXは必ず利益を得られるものではありません。それに加えて、FXは始める際に元手となるお金が必要です。これを「副業」をいうには少々無理があります。また、禁止されている公務員の副業とは営利目的で事業を行ったり、仕事をして給与をえたりすることです。FXはどちらも当てはまりません。公務員は収入が安定しており、休日もしっかりと確保されている職場が多いです。規則正しい勤務形態はFX投資をする上で大きなメリットです。ただし、「FXのノウハウを有料ブログなどにして不特定多数に販売する」といったことは副業に当たります。気をつけましょう。

そんなこともあり、時給の安い私が辞める方が家計としてコスパもよく、ちょうどブログをお仕事にするというチャレンジもしてみたいというのもあったので思い切って33歳で公務員を辞めました。

一方で、FXは公務員がやっても問題はないという事になっています。ただし、それは公務員の仕事に支障が出ない前提での話です。

副業が制限されている公務員の方にとっても、FXは有力な選択肢です。しかし、FXというと「ちょっと不安…」という人が多いのも事実です。

ただ、こうしたケースでもサラリーマンなら競合他社へ転職することも十分可能です。結局、安定の中で満足してしまった公務員が最も時代の変化のあおりを受けるのです。