banner

未分類

fx 税金 ばれる

fx 税金 ばれる

海外FXの利益は確実に確定申告してください。税金をしっかりと払った上で、取引に集中するほうが良い結果を招くはずです。

海外FXの税率は利益が大きくなるにつれ最大で45%です。住民税を入れると半分以上が税金で取られてしまいます。安定して大きな利益が出せるようになったら、どこかのタイミングで法人化を検討するのも1つの方法です。法人税に切り替えれば税制の優遇も多くなり、手元に残る金額も増えます。

税務署の能力は高く、しかもペナルティが極めて重いため脱税はおすすめできません!しかし税金を抑えることは可能です。ルールに則って節税すれば、より多くの利益を手元に残せるのです。

申告漏れ、いわゆる脱税は法律違反となり罰金が課せられ本来の税金よりも多くの金額を払う羽目になります。最悪の場合は懲役が課されるケースもあるのです。海外FXの脱税はリスクが高すぎて危険です。

国税通則方では、通常の税務調査にて5年前まで調べる権限があり、5年間分の税金や罰金が課すことができるとしています。最初は3年分の調査が行われるのが一般的で、3年間に申告漏れや過少申告が多発している場合は5年間にさかのぼるとのことです。

脱税ではなく、節税しましょう!経費を確実に計上したり、損益通算などを活用することで税金はかなり抑えられるはずです。タックスヘイブンへの移住という裏技的なものもありますが、出来る方は限られてくるでしょう。

海外FXに限らず脱税は必ずばれると思っておいた方が間違えありません。いざばれた時のリスクは非常に高いことを理解しておきましょう。海外FXの脱税に労力をかけるよりは、税金が気にならないくらいに大きく稼げるようになる、あるいは節税することに努力した方が生産性は数段高くなるといえます。

FXで得た利益は一定額を超えると確定申告をして税金を払わなければなりません。海外FXも例外ではなく、日本の居住者である限り税金を払う義務が生じます。海外FXなら申告しなくてもばれないのではないかと思ってしまう投資家は少なくないようです。できれば払わずに済ませたい税金ですが、申告漏れはどこかのタイミングで必ずばれます。

国外送金等調書が提出されるのは100万円以上からとなるので、100万円を超えない金額なら入出金があってもばれないと思いがちです。しかし、調書が提出されなかったとしても、クレジットカードや口座履歴を調べれば、海外FX業者の利用があることがばれるのです。

過少申告や申告漏れには、以上のようなペナルティが課されて本来払うべき税金よりも多くの税金を払う羽目になるのです。

以上は、あなたに脱税の意思がなかった場合です。つまり意図せずに確定申告しない状況に陥った時は、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%が通常の税金に加算されます。

問題となってくるのは、脱税の確固たる意志があった場合です。その場合は、重加算税と呼ばれるものが課されることになり、延滞税や利子税もかかってくるため、多額の税を払わなければなりません。