banner

未分類

fx ふるさと納税

fx ふるさと納税

国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、寄付した場合に受けられる控除です。金額は次のいずれか低い金額-2千円です。・その年に支出した特定寄付金の額の合計額・その年の総所得金額等の40%相当額ふるさと納税の寄付額は含めずに入力してください。

そしてふるさと納税の最大の特徴は、返礼品の存在です。ふるさと納税では寄付のお礼として、返礼品を用意の自治体が多く存在します(返礼品の無い自治体も存在)。

“ふるさと”という名称が付いているため、ふるさと納税の対象は自らの出身地等のふるさとに限定されている、という誤解を有している方も多く存在しています。

よって所得税・住民税の支払がなされていない場合は控除の前提となる納税がなされていないため、ふるさと納税制度の利用ができません。

資産運用として、株取引・FXを行う方も増えているようです。株・FXで得た利益には税金が発生しますが、この税金はふるさと納税とも無関係ではありません。ふるさと納税をワンストップ特例制度や確定申告で手続きすると、所得税・住民税に対しては「還付・控除」という形で反映されますが、株・FXで得られた利益に関しては「控除上限額の増加」という形で反映されます。株・FXと同時にふるさと納税を行っている方は、ぜひチェックしてください。

またふるさと納税は、利用可能金額によっては複数の自治体に対して行うことも可能です。よって北は北海道から南は沖縄まで、様々な自治体に寄附を行い、地元の特産品を返礼品として受け取ることもできます。

ふるさと納税は返礼品がクローズアップされる傾向がありますが、応援したい自治体や事業を寄附金の制度を利用して応援する、社会貢献の制度となっています。

「ふるさと納税」の目安(控除限度額)を簡単計算シミュレーション。
株式投資やFX等の分離課税にも対応。計算方法や詳細な計算式も確認できます。

ほぼ全ての所得と控除に対応。
ふるさと納税・住宅ローン控除の限度額、各種控除の減税効果や公的な手当補助金制度の簡易判定も確認でき、節税節約に役立ちます。

簡易版、詳細版、源泉徴収票版があります。
詳細版では、複数の収入、医療費や住宅ローン、保険などふるさと納税以外にも控除がある方を対象にしています。

株取引・FX等で利益を得た場合は、ふるさと納税の控除手続きを行うことで控除上限額を増加できます。ふるさと納税で控除を受けるための手続きとしてワンストップ特例制度と確定申告がありますが、どちらの手続きが必要か、またどちらの手続きが望ましいかは、申告される方のシチュエーションによって異なるため注意が必要です。

寄附の対象先は故郷等の自らの関係先自治体ではなく、応援したい自治体が対象となり、それまで住んだことはおろか、行ったこともない自治体もふるさと納税の対象です。

つまり源泉徴収される口座をもっておらず、株式取引による利益が20万円以上の場合は、ワンストップ特例制度の利用はできません。確定申告の際に、ふるさと納税の控除申請も済ませましょう。

株・FX等で利益を得ていた場合、確定申告で申請することでふるさと納税の控除対象となり、控除額上限が上がります。上述した「他の所得」には株・FXによる所得も含まれるため、基礎控除額である38万円を超える利益を獲得している個人投資家の方は確定申告が必要な可能性があります。

またサラリーマンは確定申告することで得をする場合もあります。それは控除額が増加するというメリットです。確定申告内でふるさと納税の控除申請をすると、所得税の還付や住民税の控除を受けることができます。