banner

未分類

fx 税金 海外口座

fx 税金 海外口座

税金と確定申告についての情報は万全を期しておりますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。(2020年12月現在)詳細については、税理士又は最寄りの税務署にご確認いただきますようお願いいたします。

リスクに関する警告: FXやデリバティブなどのレバレッジがかかった商品の取引には資産に対する大きなリスクがあるため、全ての投資家に対して適切ではない可能性があります。取引の前に関連するリスクを完全に理解し、自分の投資の目的と経験を考慮に入れた事をお確かめのうえ、必要に応じて個別のアドバイスをお求めください。地域別制約: TEC Solution Ltd(SV)は、米国、カナダ、フィリピン、スーダン、シリア、北朝鮮の居住者にサービスを提供していません。IS6FXは日本金融庁に登録のない、海外FXブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 当社のサービスは18歳未満の方は対象としておりません。

総合課税で20%の所得税率になると、他にも住民税の10%が税金としてかかることになります。そのため申告分離課税の国内FXの一律20.315%の税率のほうが、トレーダーにとっても負担が減ります。いくらから負担が大きくなるかというと、年間695万円を超えると税率は33%にまで上がり、900万円を超えると税率は43%になり、単純計算で国内FXの2倍になります。

海外FXでは、FXのブローカーが金融庁の登録を受けていません。金融庁の認可を取得するためには、国内の金融商品取引法に基づき運営する必要があります。そのためにはレバレッジの制限などの成約があるため、海外FX業者は金融庁の認可を取得していません。ただし、FX業者は金融ライセンスを取得していないと運営できないため、任意の国で金融ライセンスを取得しています。

資産運用として、株取引・FXを行う方も増えているようです。株・FXで得た利益には税金が発生しますが、この税金はふるさと納税とも無関係ではありません。ふるさと納税をワンストップ特例制度や確定申告で手続きすると、所得税・住民税に対しては「還付・控除」という形で反映されますが、株・FXで得られた利益に関しては「控除上限額の増加」という形で反映されます。株・FXと同時にふるさと納税を行っている方は、ぜひチェックしてください。

税金を納めすぎていた場合には、税務署内の手続きが完了次第、指定した金融機関の口座に還付されます。申告期限直前に駆け込むと、還付金の入金も遅くなるので注意しましょう。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

FXでは為替差益とスワップポイントという利益を得られますが、日本の税制上、これらに対しては税金が課されるようになっています。税率は20.315%で、「所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%」というのがその内訳です。復興特別所得税は東日本大震災からの復興の財源とすることを目的に、2013年1月1日〜2037年12月31日まで徴収されます。

国内FXの申告分離課税と海外FXの総合課税を比較すると、FXだけに限らず総所得が少ない場合は、税金の負担が少ないことがわかります。

人気の海外FX業者をランキング形式で発表!海外FXの人気が一目でわかる。

海外FXの取引で生じた利益は、総合課税の対象になり、超過累進税率の適用になります。海外FXで得た利益は「雑所得」に区分されるため、給与所得や不動産所得など他の所得と合算したあとに税金を計算していきます。総合課税は、所得が増えれば増えるほど税率も上がる特徴があります。

ただし、国内FX同士、海外FX同士の損益については合算ができます。そのため複数のFX口座に分散してトレードをしたほうが、損を出してしまったときのリスクヘッジにもなります。海外FXを始める際には、いくらから税金が変わるのかをしっかりと把握しておきましょう。

また、初心者の場合は国内FXよりも海外FXのほうが税率も安く抑えられるケースもありますので、まずは検討してみることをおすすめします。

海外の税制度は日本とは大きく異なっており、シンガポールなど投資で得た利益に税金がかからないという国も存在します。

しかし、この海外FXの税金対策で注意してほしいことが一つあります。