banner

未分類

fx 税金 海外移住

fx 税金 海外移住

例えば、10億円を相続することを考えた場合、日本だと半分以上が税金になります。ザックリ考えると、5億円が税金です。

富裕層であれば、誰もが考えるものとして海外移住があります。もっと言えば、所得税や法人税、相続税などが非常に低いタックスヘイブン地域への移住を検討するのです。こうした国を活用することで、大幅な税金逃れを実施できるようになります。

前述の通り、日本に不動産資産がある場合はどうやっても海外移住による節税が無理です。ただ、株式やFXなどがメイン資産の人であれば、相続税をゼロになることの意味は大きいです。

日本国内で行える節税方法としては、さまざまなものがあります。ただ、そうした節税方法がかすんでしまうくらい、タックスヘイブンへ移住することで税金を減らすことは、非常に大きなインパクトがあります。

これらのことから、富裕層とその資産を国外に移動させまいとする国の方針が見て取れます。さらに、相続税対策のために海外に移住していた富裕層にも相続税が課税されるよう、2017年には相続税・贈与税の国外財産に対する納税義務の見直しがなされています。

例えば、外国に居住しているご家族が51%の株式を保有し、日本に居住する投資家が49%の株式を保有し、タックスヘイブンに法人を設立すれば、タックスヘイブン税制は対象外になるのです。税金は合法的に0円になります。

まず、税金を考える上では、それぞれの国がどのような考え方にて納税を求めているかを確認しておく必要があります。

↑お子さんへの英語教育は圧倒的に賛成します。 もっとも語学はメインではなく、あくまでサブですが、 それでもなんらかのメインスキルを武器にする際、 「海外に打って出る」という選択肢が普通に持てるのは大きいはずですので。

また、相続のときのスキームもそこまで大したことは行いません。会社経営者であれば、まずは国内の資産管理会社に自社株を移転させ、その株をさらに海外の資産管理会社に移すだけです。家族で移住すれば、日本の相続税は関係ありません。

オフショア法人(ペーパーカンパニー)を作っても意味はないですが、実際に海外移住してそこでビジネスをする場合、所得税や法人税、相続税を含めて大幅に減らすことができるのがタックスヘイブンと呼ばれる地域なのです。日本国籍であったとしても、その地域に住めば問題なく節税できます。

タックスヘイブンへ移住した後、日本と海外を行き来する生活をしようと考えている人は、出国税という形で多くの税を支払う可能性があります。

規制の面でも、受け入れやすさの面でも、現在ではシンガポールや香港よりマレーシアの方が勝っています。マレーシアは英語教育が非常に発達している国であるため、こうしたことも広く海外の富裕層を受け入れられている理由になっています。

所得税法は国内に住所がないか、1年以上居住していない人を「非居住者」と規定し、日本の課税が限定される。ただ日本に住んでいた際の所得については、その後海外に住所を移しても日本で課税される。

それでは、マレーシアに移住すると、我々日本人はどのような税金をマレーシアに納めることになるのでしょうか???

しかし、海外移住を含めてきちんと対策を取れば所得税や法人税はあり得ないほど安くなり、相続税はゼロになります。つまり、無意味なほど高い税金を支払う必要がなくなり、あなた個人に対してきちんとお金を残せるようになり、相続税の問題もなくなります。