banner

未分類

fx 過去チャート 検証

fx 過去チャート 検証

皆さん、仕事、遊び、旅行、グルメと忙しいと思います。のんびりと何十年分も過去を分析している暇はないですよね?

このトレード手法で検証してみると分かりますが、前回の実体高値までの値幅しか利益にできませんから、とてももったいないトレードが繰り返されると思います。

また自分がよく負ける部分も同じです。上位足では2波目や4波目のもみ合いをしている部分で必死に細かいトレードを繰り返して負けているのか?そういった部分も過去検証で負けパターンとして気付いていけば自分の負けは減らしていけると同時に難しい局面って理解も深まっていくと思います。

手法の検証に使うのもよし、値動きを研究するもよし。過去チャートでありながら、自分のタイミングで再生することができ、トレードを行うこともできるので短時間でトレーダーとして成長することができる、まさに、精神と時の部屋といえるようなツール。

このようにFXの動画とかを見ていて分かるな~とリアルでは違うんですね。それは見て聞いていると自分で考えて取り組んでいるの違いです。なので動画を見るのもいいんですが、自分がリアルでは何が欠けているのか?これをしっかりと過去検証をする前に見つめ直していかないといけません。

以上のことを踏まえると、トレードをする際には、自分なりのルールをきちんと決めた上でinとoutを明確にし、かつ損失を出しにくくするためにある程度優位性のある手法を使ってトレードをするべきなのですがトレード手法に優位性があるかどうかは検証をすれば確かめることができます。

最後に相場というものは100%はあり得ない事は確かです。押し安値や戻り高値も過去検証をして見てもらうと分かりますが、少しだけ割り込んでいる?どう判断しよう?となる時もあります。そういう場合は柔軟に考えて両極あると考えるべきなんですね。どんな場面でも微妙な判断だな~という局面は出てきます。なのでそういった場面に出くわした場合は柔軟に両極あると思って相場を見ていきましょう。

これは言ってしまえばパターンなんですね。もちろんアクロバティックなトレードとして天井から売って底で決済とかはカッコいいしすごいと僕は思います。でも僕にはその勇気がない。分かるけどしないという事なんです。それよりも、いつものパターンを見つけてトレードしていった方が安心なんです。なのでだたFXチャートを見て過去検証していくのもいいんですが、パターンですよね。それに気づいていく事も非常に重要です。

では、なぜ検証をすれば確かめることができるのか?
その答えは、「チャートは人間が作り出しているものだから」です。

FXの過去検証をしていく中で新たな発見を出来るかどうかも非常に重要になってきます。それは伸びるポイントがだいたい分かってきたなどもいい事ですが、一番は自分の弱点に気付けたかどうかになります。