banner

未分類

fx 税金 海外 国内

fx 税金 海外 国内

仮想通貨FXと国内FXの大きな違いは、総合課税と申告分離課税という税区分です。表をご覧いただけると、違いが分かりやすいです。さらに仮想通貨FXは、はじめにお伝えしたように、総合課税でも、別の条件があることにも注意が必要です。

国内FX、海外FXのどちらであっても、国内にて確定申告を行う必要があります。確定申告の手続きの流れとしては、まずは必要な書類を揃えることから始めます。具体的なやり方について説明していきます。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関しては、今のところ海外FXと同じ雑所得の総合課税に分類されており、損益通算や繰越控除ができないようになっています。

海外FXの税金は雑所得の総合課税に分類され、所得に応じて税率が上がる累進課税(5~45%)となるからです。

リスクに関する警告: FXやデリバティブなどのレバレッジがかかった商品の取引には資産に対する大きなリスクがあるため、全ての投資家に対して適切ではない可能性があります。取引の前に関連するリスクを完全に理解し、自分の投資の目的と経験を考慮に入れた事をお確かめのうえ、必要に応じて個別のアドバイスをお求めください。地域別制約: TEC Solution Ltd(SV)は、米国、カナダ、フィリピン、スーダン、シリア、北朝鮮の居住者にサービスを提供していません。IS6FXは日本金融庁に登録のない、海外FXブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 当社のサービスは18歳未満の方は対象としておりません。

もともと年収が高い人や、FXで大きな額を稼いでいる人の場合、国内FXの方が税制面でお得です。

FXに関連する税金の知識をまとめたので、ぜひ覚えておきましょう。

また、国内FXとは違う豪華なボーナス制度があることも海外FXをおすすめする理由です。例えば、海外FX業者によっては、入金した金額の100%をボーナスバックとして受け取れるものもあります。

また、初心者の場合は国内FXよりも海外FXのほうが税率も安く抑えられるケースもありますので、まずは検討してみることをおすすめします。

以下では国内取引と海外取引で適用される税制の違いをみていきましょう。

330万円の壁を超えると海外FXの税金は利益が上がるほど高くなる、これは、国内FXの方がいいのか?と一瞬考えますね?ところが、総合的に考えると、税率がこれほど違っても海外FXの方が利益を上げることができるのです。

仮想通貨FXの利益にかかる税金は、累進課税によって計算します。そのため、仮想通貨FXの利益によって税率も変わり、所得税も違ってきます。さらに、総合課税なので仮想通貨FXだけで計算するのではなく、申告分離課税以外のほかの所得税との合算で計算することにも注意しましょう。

1コイン200万円の時に3コイン購入。その後、1コイン100万円になったときに1.5コインを売却して利益を確定したときの税金を計算します。損失の場合も利益の時と同じく、ポジション保有中のコインは計算に加えません。

ここまで、仮想通貨FXの税金計算をお伝えしてきましたが、とても難しく感じませんでしたか?自分で税金計算をするのが不安な場合は、計算ソフトを使ってみるのもおすすめです。

実際は所得税のほかに、ざっくりいうと10%程度の住民税も納める必要があります。次に、仮想通貨取引のパターン別に分けて、税金を計算してみましょう。