banner

未分類

fx 平均足 スキャルピング

fx 平均足 スキャルピング

ゾーン⑤まで到達するということは、相場が荒れて乱高下している状態ですので、移動平均線に戻ったとしても、チャンスはすぐに到来します。もしトレードするなら、エンベロープだけで判断するのではなく、他のテクニカル根拠が必要になります。

ゾーン①のときは、移動平均線からの乖離はせいぜい10pipsから20pips程度でしょう。反転する値幅も、数pipsです。ここで、5pipsや6pipsを狙ってしまうと、勝率が相当悪化します。

スキャルピングは、わずか数pipsという利幅をひたすら繰り返し、コツコツと利益を積み重ねていく手法です。

一方、ゾーン⑤になると、移動平均線からの乖離は40pipsから50pipsはあります。短時間でこれだけバネが伸びれば、縮む力が働き値幅も大きくなります。それに合わせ、利幅を伸ばすことが重要です。

すがる思いでエンベロープを使うのではなく、たまたま使っている程度で考えても良いです。移動平均線からの乖離を見るのに、エンベロープが見やすかったという程度です。他に良いインジケータがあれば、エンベロープは使わなくても良い、という考えすらあります。

1分足を否定していながら、1分で使用する移動平均線が説明されておりよくわからん。

1分足スキャルピングは難しい戦略であり、ほとんどのトレーダーにとってお勧めできるものではありません。1分足スキャルピングは非常にリスクが高く、成功するためには高度なスキルと時間が必要です。トレーダーは5分足でスキャルピングする方が良く、それは長期的に見れば、その方が一貫した利益を上げやすいからです。

以下は、利用可能な異なる移動平均トレードシグナルを示す表です。

1分足スキャルピングが可能な別の時間帯は、経済発表時です。マーケットが経済発表で大きな動きを見せた時、1分足チャートをスキャルピングに使用するのは危険なだけでなく、非常に収益性が高くなる可能性があります。スキルの高いトレーダーにとって、経済発表後の1分足スキャルピングは短期間で多くのチャンスがあるため魅力的な戦略です。

このように、同じゾーンでだらだらと動いているときは、再エントリーしません。移動平均線に戻るか、ゾーン②に到達して再エントリーするか、どちらかです。ゾーン①でトレード完了したあと、同じゾーン①にあるにもかかわらず、何度もエントリーすることはありません。

「移動平均線から乖離してまた戻る」、この繰り返しになるということを頭に入れておくてください。

移動平均線から乖離したら戻るという概念が土台にあり、エントリータイミングをエンベロープで図っているだけです。つまり、重要なのはエンベロープではなく、概念です。この概念がしっかりしていれば、基本のルールに自信が持てるのはもちろんですが、ルールを逸脱して応用することも可能になります。

確かに、ショートエントリーしていれば、利益が出るでしょう。しかし、同じゾーンで、再エントリーしません。ゾーン⑤まできたら、あとは移動平均線に戻るまで待ちます。なぜかというと、同じゾーンでトレードを繰り返していると、連敗する可能性があるからです。これについては、後述します。

①期間を「20」に選択します。
②移動平均の種別を「Exponential」にします。
③適用価格を「Close」にします。
④スタイルは、移動平均線の色と、線の太さのことです。好きなものを選択してください。ここでは、赤を選択します。入力が全て終わったら、OKを押します。

チャートソフトと、売買する口座は同じである必要はありません。チャートに優れた業者を使い、スキャルピングに適した口座で売買します。なお、私が使っている口座については、こちらの記事を参考にしてください。